• ホーム
  • 芸能
  • 北島康介が活動拠点を海外へ マネジメント会社と契約終了

北島康介が活動拠点を海外へ マネジメント会社と契約終了

■その他の写真ニュースはこちら

 様々なアスリートのマネジメントを手掛けるサニーサイドアップは3月31日(火)、北京五輪競泳金メダリストの北島康介選手とのマネジメント契約を同日付で終了したことを発表した。契約終了を機に北島選手は渡米し、活動拠点を海外へ移す。

 同社は、2003年から北島選手と契約を結び、アテネ五輪と北京五輪での日本競泳史上初の2大会2種目2連覇を達成した北島選手の活躍をサポート。今回、北島選手から今後の競技活動などを見据え、活動の拠点を海外へ移したいという旨の申し出を受け、双方合意により契約を更新しないことになったという。

 なお、北島選手が各地の学校などを回る水泳普及イベント『FROG TOWN MEETING』などの業務については、引き続き同社が企画・運営を継続。北島選手の活動支援や、水泳競技の普及に尽力していくという。



オリコントピックス