• ホーム
  • 映画
  • 『アメトーーク!』“中学の時イケてない芸人”がまさかの「ギャラクシー賞」受賞

『アメトーーク!』“中学の時イケてない芸人”がまさかの「ギャラクシー賞」受賞

■その他の写真ニュースはこちら

 昨年12月放送の人気バラエティ番組『アメトーーク! 歳末イケてる家電芸人 今一番売れてますSP』(テレ朝系)が、放送批評懇談会主催の「ギャラクシー賞」1月度の月間賞を獲得したことがわかった。番組内で放送された「中学の時イケてないグループに属していた芸人」の企画が評価されての受賞だという。同賞はドラマ、報道番組が主で、バラエティ番組が獲得するは極めて異例。

 ギャラクシー賞は、日本の放送文化に貢献した優秀な番組、個人、団体に贈られる賞で、事実上、日本国内のテレビ番組作りの最高の栄誉となっている。そんな名誉ある賞を獲得した『アメトーーク!』は、芸人たちの趣味、嗜好、共通点をディープに語り、そのマニアックさから“業界視聴率No.1”ともいわれている超人気番組だ。

 受賞の対象となったトークテーマも、お笑いタレントが中学生時代の思い出を語る「中学の時イケてないグループに属していた芸人」というマニアックな企画。サバンナ・高橋茂雄、博多華丸・大吉の大吉、オードリー・春日俊彰らが出演し、それぞれが中学時代の情けない秘話を明かした。

 高橋が中学時代、遠足の際に母親が弁当におかゆを入れて、リュックサックがビチャビチャになったことから「リュックビチャ夫」と友人から呼ばれていたことを明かせば、博多大吉も中学時代のあだ名が「捕虜」だったことを告白。なんとも哀愁漂うエピソードに、TVで番組を見ていたダウンタウン・松本人志も爆笑したという。

 番組の総合演出を手掛ける加地倫三プロデューサーは「まさか受賞出来るとは思っていなかったのでビックリしています。しかも対象企画が『中学の時イケてないグループに属していた芸人』ですからね」と驚きを隠せない。だが、「この企画はサバンナ・高橋くんの持込み(企画)だったんですけど、打ち合わせの段階で『絶対に面白い!』と確信しました」と振り返る。各芸人から、あまりに情けないエピソードが次々と出てきたことから「これはとても1回の収録では終わらないなと。まだまだ明かされてないエピソードがあるので、良きタイミングで放送したいですね」と“続編”を示唆した。ファンには待ち遠しいかぎりだ。



オリコントピックス