• ホーム
  • 芸能
  • 任天堂のみブランド価値上昇 日本企業の“ブランド力”発表

任天堂のみブランド価値上昇 日本企業の“ブランド力”発表

■その他の写真ニュースはこちら

 日本企業が国際展開しているブランドの価値をランキングにした「Japan’s Best Global Brands 2009」を、ブランドコンサルティング業を行っているインターブランド社が18日(木)に発表した。同発表によると1位はトヨタ、2位はホンダ、3位はソニーと、おなじみのブランドがそろっているが、世界景気の減速により、ブランド価値は軒並みダウン。唯一、5位の任天堂のみ『Wii』や『ニンテンドーDS』のヒットによりブランド価値を高め、ブランド価値前年比5%上昇という結果になった。

 同ランキングは日本発のコーポレートブランドを対象に、「財務力」、「ブランドが消費者の購買意志決定に与える影響力」、「ブランドの将来収益の確かさ」の3点で評価。ランキングは30位まで発表されており、自動車・エレクトロニクス関連企業のブランドが多くを占めた。なお、それ以外の業種ブランドだと、ランニングシューズでの高い評判を持つアシックスが26位に、早くから世界に進出し、世界に“醤油”を浸透させたキッコーマンが30位にランクインしている。

 なお、世界を対象として2008年発表された「Best Global Brands 2008」にも、トヨタ(6位)、ホンダ(20位)、ソニー(25位)など、上位7ブランドがランクインしているが、同社は「世界的な金融危機の影響を受け、多くのブランドが価値を落とす結果となっているが、任天堂は不況下においても最高益を見込むなど、不況下でもブランド価値を高めうることを示した」と述べている。





オリコントピックス