• ホーム
  • 音楽
  • 【年間ランキング】嵐、19年ぶりのシングル1位、2位独占

【年間ランキング】嵐、19年ぶりのシングル1位、2位独占


>> 2008年年間シングルランキング

 オリコンが11日(木)、『第41回オリコン年間ランキング2008』(集計期間:07/12/24付〜08/12/15付)の表彰式を行った。シングルセールス部門の作品別売上枚数ランキングで19年ぶり史上5組目となる1位、2位独占を決めたから、メンバーの大野智と櫻井翔が登壇。記念トロフィーを受け取った櫻井は「(トロフィーは)初めてに近いくらいの感覚。本当に栄えある賞を頂いたと実感しています」と、笑顔でファンに感謝のコメントを送った。

 今年のシングル作品別売上枚数ランキングは、1位「truth/風の向こうへ」(年間売上:61.8万枚/発売日:2008/8/20)、2位「One Love」(年間売上:52.4万枚/発売日:2008/6/25)で共に嵐が1位、2位を独占。1999年11月のデビュー以来10年目で初めて年間シングル1位を獲得した。年間シングルの1位、2位独占は、1989年のプリンセス・プリンセス(1位「Diamonds」/2位「世界でいちばん熱い夏」)以来、19年ぶり。宮史郎とぴんからトリオ(1973年)、ピンク・レディー(1978年)、光GENJI(1988年)、プリプリに続いて史上5組目の快挙となった。

 「truth」が自身初の主演ドラマの主題歌となった大野は「本当にファンの皆さんのおかげです。『truth』は嵐にとって今までにない感じの曲だったので凄く嬉しい」と喜びのコメント。さらに「風の向こうへ」が日本テレビ系の『北京五輪』中継のテーマソングであり、自身も現地でリポーターを務めた桜井も「選手の皆さんからも『嵐の曲聴いてます』と言われて凄く嬉しかったですね」と笑顔で振り返った。

 嵐はこのほかにもシングル最新作の「Beautiful days」(年間売上:42.2万枚/発売日:2008/11/5)が年間10位にランクイン。同一アーティストによる年間シングルTOP10内3作ランクインは、2002年の宇多田ヒカル(3作)以来6年ぶり、男性アーティストとしては1988年の光GENJI(4作)以来、20年ぶりの記録となった。また『シングル作品別売上枚数』とあわせて『アーティスト別シングル売上金額』(25.8億円)でも1位となり、2008年シングル2冠に輝いた。

そのほかの嵐メンバーのコメント

相葉雅紀
「まさか自分たちがこんなことになるとは思いませんでした。すごく光栄です。沢山の方達に聞いていただいて…来年も宜しくお願い致します」

松本潤
「僕らが達成したいと思っていても、聴いて下さる皆様がいないと出せない結果。本当に沢山の方々に聴いて頂けて、とても嬉しく思います。曲を作って下さった作家の方々にも感謝しています。今後も“チーム嵐”で素敵な楽曲を皆さんにお届けしたいと思います」

二宮和也
「そちらに行けなくて、大変残念です。今回頂いたものというのは、僕達嵐だけで頂いた訳ではなく、皆さんで作った結果だと思います。本当に有難うございました」




 ピンクレディー宇多田ヒカル



タグ

オリコントピックス