• ホーム
  • 芸能
  • 心に残る映画ランキング、『ALWAYS 三丁目の夕日』が邦画部門で1位に

心に残る映画ランキング、『ALWAYS 三丁目の夕日』が邦画部門で1位に

■ランキング表はこちら

 12月1日は「映画の日」。1956年に映画産業団体連合会が制定したこの記念日にちなんでオリコンは『心に残る映画』について調査を実施した。その結果、邦画部門では「懐かしくて心温まる映画だった」と人々の心をつかんだ『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005)※が1位を獲得。洋画部門では『タイタニック』(1997)が1位となり、高い評価を集めた。

 第29回 日本アカデミー賞の12部門で最優秀賞を受賞し、同調査の邦画部門でも1位となった『ALWAYS 三丁目の夕日』には「古き良き時代の人と人との繋がりを強く感じました」(男性/20代/青森県)、「昭和30年代のほのぼのとした雰囲気が好き」(女性/40代/埼玉県)といったコメントが多数。ノスタルジックな昭和の日本の映像と、その当時をたくましく生きる人々の姿が多くの共感を呼び、支持されたようだ。

 洋画部門の1位は、レオナルド・ディカプリオ主演で大ヒットを記録した『タイタニック』が獲得。「圧倒的なスケール感と純粋な愛情がとても印象的だったので」(男性/30代/兵庫県)、「何回見ても感動するし、泣ける映画」(女性/20代/大阪府)と、映画のスケール感、ストーリーともに高評価を得ており、「何度も見てしまう」という“リピーター”も少なくない。

 また、邦画部門の2位には「ストーリーが面白く最後まで飽きさせない」(女性/40代/東京都)と『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998)※、続く3位には『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004)がランクイン。洋画部門の2位には80年代の大ヒット作『バック・トゥー・ザ・フューチャー』(1985)※、3位にはエアロスミスの歌う主題歌「I Don’t Want To Miss A Thing」も人気を呼んだ『アルマゲドン』(1997)が登場している。

(10月30日〜11月4日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代、20代、30代、40代の男女、各150人、合計1,200人にインターネット調査したもの)

注1 ※印の作品はシリーズ作品として合算
注2 シリーズ作品の公開年は第1弾作品




順位

タイトル/公開年            

1

ALWAYS 三丁目の夕日
(2005年)

2

踊る大捜査線THE MOVIE(1998年)

3

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年)

4

容疑者Xの献身
(2008年・上映中)

5

となりのトトロ
(1988年)

6

恋空
(2007年)

7

いま、会いにゆきます
(2004年)

8

黄泉がえり
(2003年)

8

千と千尋の神隠し
(2001年)

10

おくりびと
(2008年・上映中)

10

南極物語
(1983年)


順位

タイトル/公開年           

1

タイタニック
(1997年)

2

バック・トゥー・ザ・フューチャー(1985年)

3

アルマゲドン
(1997年)

4

スターウォーズ
(1978年)

5

ショーシャンクの空に
(1995年)

6

パイレーツ・オブ・カリビアン(2003年)

7

グリーンマイル
(2000年)

7

ハリーポッター
(2001年)

9

ローマの休日
(1954年)

10

ゴースト ニューヨークの幻(1990年)


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




オリコントピックス