『バイオハザード5』一週間発売を繰上げ

カプコンの人気サバイバル・ホラーゲーム『バイオハザード』の最新作で、来年3月12日(木)にプレイステーション3とXbox 360のハードで発売を予定していた『バイオハザード5』が、発売日を1週間繰り上げて3月5日(木)に発売することが27日発表された。

『バイオハザード』は、全世界で3、500万本以上のセールスを記録しているカプコンの人気シリーズ。今年10月に開催された『東京ゲームショウ2008』では、シリーズ初のオンライン協力など新機能を搭載したことでも話題になり、日本・海外メディアから注目を集めていた。

最新作『バイオハザード5』は、シリーズ1作目の洋館事件から10年後という時代設定で、主人公クリス・レッドフィールドがバイオテロの脅威にさらされた灼熱のアフリカで、シリーズ最大の恐怖に遭遇するストーリー。

 なお、カプコンの運営するショッピングサイト・e−CAPCOMでは、ゲームソフトとオリジナルグッズをセットにした『BIOHAZARD 5 LIMITED EDITION』を限定で販売 (予約締切は12月16日15時まで)。さらに、12月5日(金)には、Xbox LIVE マーケットプレースにて“ゴールドメンバーシップ会員”へ向け、体験版の先行配信を予定している。




【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『バイオハザード5』ゲーム画像 
  • 『バイオハザード5』ゲーム画像 
  • 『BIOHAZARD 5 LIMITED EDITION』 

オリコントピックス