• ホーム
  • 芸能
  • インディ・ジョーンズ、シリーズ5年ぶりの首位。ブルーレイと2冠

インディ・ジョーンズ、シリーズ5年ぶりの首位。ブルーレイと2冠

■その他の写真ニュースはこちら

 興収60億以上を記録し、本年度の洋画No.1を誇るインディ・ジョーンズの最新シリーズ作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組)』が11月7日に発売され、DVD総合週間ランキングで首位を獲得した(売上9.7万枚)。同シリーズとしては『アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVDコレクション』以来5年ぶりの首位となる。また、Blu-ray版も、今年発売の映画Blu-ray作品のなかで最も高い初動売上(1.9万枚)を記録し首位を獲得。DVDとBlu-ray同時首位の2冠を達成した。

 なお、DVDに関しても2008年発売の洋画作品のなかでは『バイオハザードIII デラックス・コレクターズ・エディション』の17.1万枚に次ぐ初動売上枚数であり、2008年の年間DVDランキングでの上位ランクインが期待される。

 また、1981年に公開された『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』、続く『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)、『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)など、瞬く間に世界中の映画ファンを虜にした冒険家インディ・ジョーンズの映画4シリーズ作が収録された『インディ・ジョーンズコンプリート・コレクション(5枚組)』も同日に発売され、6位にランクイン(売上1.0万枚)。27年間の集大成がこのDVD-BOXに収められている。

 一方、今週81位には『優勝 読売ジャイアンツ 2008〜奇跡の逆転V!伝説を作ったG戦士たち』が先週に引き続きTOP100以内にランクイン(売上0.1万枚)。先週末行われた日本シリーズでは惜しくも優勝を逃がすが、DVDの売上は依然好調。12/26には、日本一に輝いた埼玉西武ライオンズのパ・リーグ優勝記念DVDが発売予定。



オリコントピックス