• ホーム
  • 映画
  • 実写映画『釣りキチ三平』人気キャラ“ゆりっぺ”役に、新人の土屋太鳳

実写映画『釣りキチ三平』人気キャラ“ゆりっぺ”役に、新人の土屋太鳳

■その他の写真ニュースはこちら

 単行本累計販売部数4000万部を誇る人気コミックの実写映画『釣りキチ三平』(来春公開予定:監督・滝田洋二郎)で、主人公・三平三平(みひらさんぺい)役は須賀健太、原作にはないオリジナル・キャストのヒロイン・三平愛子役は香椎由宇と、続々とキャストが発表されてきたが、三平と並ぶ人気キャラクター“高山ゆり”こと“ゆりっぺ”役には、新人の土屋太鳳(つちやたお)が抜擢された。

 『釣りキチ三平』の世界で欠かせない人気キャラクターの1人、ゆりっぺは三平と姉弟のように育った幼馴染でありケンカ友達の間柄。原作では、そのかわいらしい姿から、三平と並ぶ人気キャラクターだ。

 土屋は、「オーディションの台本を読んだ時「この役を絶対やりたい!」と思って、七夕の短冊に書きました。願いが叶ったので、本当に幸せです! 思いっきり頑張ったので、ゆりっぺの真っすぐな元気を感じてもらえたら、嬉しいです!」と喜びのコメントともに、自身の演技の見どころもアピール。

 また、滝田監督は「(土屋を)初めて見た時に三平役の須賀健太と同じく、目に力があり、意思の強さを感じました。そして、ゆりっぺ役を演じさせたら面白くなりそうだと思いました。今もそうですが、将来がとても楽しみです」と絶賛している。

 映画『釣りキチ三平』は、来年春、全国東映系にてロードショーされる。

今月の写真ニュース一覧をみる


関連写真

  • “ゆりっぺ”役に決定した新人の土屋太鳳(つちやたお) 
  • “ゆりっぺ”役に決定した新人の土屋太鳳(つちやたお) 
  • “ゆりっぺ”役に決定した新人の土屋太鳳(つちやたお) 

オリコントピックス