• ホーム
  • 芸能
  • タイガース金本知憲の初著書が中村俊輔を超えるヒット!

タイガース金本知憲の初著書が中村俊輔を超えるヒット!

【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 阪神タイガース不動の4番を務める“アニキ”金本知憲の初の著書『覚悟のすすめ』(角川グループパブリッシング)が、9/22付オリコン“本”ランキングの新書部門で2位に初登場、BOOK(総合)部門でも12位にランクイン。発売1週目の売上部数では、中村俊輔の著書『察知力』(幻冬舎)の発売1週目の売上5779部を大きく上回る1万4410部を記録した。

 骨折や半月板の損傷にも負けずにグラウンドに立ち続け、2006年には904試合連続フルイニング出場の世界新記録を樹立。40歳にして今なお第一線で活躍し続ける著者が、自身の「リーダーシップ」「強靭な肉体」「精神力」について語ったのが同書で、阪神移籍の真の理由についても綴られている。

 今月10日の発売以来、同書は売れに売れており、発売1週目の売上部数では、現在スポーツ選手の著書としてNo.1の累積売上部数(15万7316部)を誇る、サッカー日本代表・中村俊輔の著書『察知力』(幻冬舎)を上回る結果になった。

 また、同日付のオリコン“本”ランキング各部門首位は、BOOK(総合)部門がJamais Jamais『O型自分の説明書』(文芸社)で2週ぶりに返り咲き。コミック部門は65万3967部を売上げた矢沢あい『NANA −ナナ− 20』(集英社)、文庫部門では、10万7199部を売上げた佐伯泰英『居眠り磐音 江戸双紙 27 石榴ノ蠅』(双葉社)が、、5週連続首位獲得中の東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋)を抑えて初登場で首位を獲得している。

※協力書店様一覧(五十音順) : 旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンアンドワイ、TSUTAYA、明屋書店、 フタバ図書、丸善、未来屋書店、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、LIBRO、 WonderGOO ほか 

※「オリコン“本”ランキング」は、書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上を基に全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらを基に月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

今月の写真ニュース一覧をみる


【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

オリコントピックス