• ホーム
  • 芸能
  • ディズニーリゾート、カメラ三脚持ち込み禁止がファンの間で話題に

ディズニーリゾート、カメラ三脚持ち込み禁止がファンの間で話題に

■その他の写真ニュースはこちら

 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーが1日(月)よりカメラ機材の一脚・三脚・ハードケースなどが園内への持ち込みが禁止となり、ファンの間で話題を呼んでいる。三脚での場所取りや、カメラのハードケースと来園した子供との接触事故など「安全面」を考慮した決定であるが、撮影した“エレクトリカルパレード”などの映像を無断でDVD化し、ネットオークションで販売している例があり、「営利目的の撮影を規制するためという側面もあるのでは?」と議論されている。

 東京ディズニーリゾート公式サイトに1日より「安全のためパーク内への一脚・三脚・ハードケース等の撮影機材の持ち込みはご遠慮いただいております。撮影の際、一脚・三脚等は使用できませんのでご了承ください」の文章が追加された。娯楽施設や混雑する場所でのカメラ撮影のマナーを巡るトラブルは以前から問題となっているが、07年10月にパレードを撮影したDVDをネットークションで販売していた4人組が逮捕される事件が発生。4人はパレードの際に、三脚を立てて見やすい場所を占拠して撮影し、彼らに苦情が寄せられたことから東京ディズニーリゾート側が千葉県警に連絡し、犯行が発覚した。公式サイトには「安全のため」としか書かれていないが、この事件のような「営利目的の撮影」を規制するための可能性もありそうだ。

 今年で開業25周年を迎え、年間約2500万人が訪れるという“夢の国”として知られる東京ディズニーリゾートでの楽しい思い出は、“記録”より“記憶”として残したほうがいいのかもしれない。

今月の写真ニュース一覧をみる


オリコントピックス