• ホーム
  • 芸能
  • 『北斗の拳』25周年当日にケンシロウとユリアの“結魂式”開催

『北斗の拳』25周年当日にケンシロウとユリアの“結魂式”開催

■その他の写真ニュースはこちら

 連載開始から25周年を迎える不朽の名作漫画『北斗の拳』の25周年当日である9月13日(土)に主人公・ケンシロウとヒロイン・ユリアの結婚式ならぬ“結魂式”が東京・日本青年館で開催されることが公式ホームページで発表された。ケンシロウとユリアの魂の結びつきを具現化した式典が北斗七星にちなんだ一般招待客777人と関係者、著名人、アーティストが多数出席によってとり行われる。

 ケンシロウの兄で最大の宿敵(とも)であるラオウの若き日を描く『北斗の拳ラオウ外伝 天の覇王』がアニメ化されるなど、25周年で盛り上がる同作。昨年4月には、東京・高輪の高野山東京別院で“ラオウ昇魂式”としてラオウの“葬儀”も行われ、多くのファンが出席するなど、その人気は世代を超えて、数多くの人々に親しまれている。

 今回の式の演出には『(株)テイクアンドギヴ・ニーズ』のカリスマウェディングプランナー・有賀明美氏を起用。さらにイベント全体のプロデュースは『ロングバケーション』『お見合い結婚』『できちゃった結婚』など、数々の大ヒットドラマを手がけ、現在フジテレビが立ち上げたウェディング会社『ストーリア』代表である杉尾敦弘氏が担当。人気マンガキャラの“結魂式”という前代未聞のイベントを盛り上げる。また、公式ホームページでは二人を祝うことができる“インターネット祝電”が近日中に応募できるようになる予定だ。

今月の写真ニュース一覧をみる


タグ

オリコントピックス