• ホーム
  • 芸能
  • 岡田斗司夫が偶然遭遇した“エスカレーター事故”の詳細語る

岡田斗司夫が偶然遭遇した“エスカレーター事故”の詳細語る

■その他の写真はこちら

 “オタキング”の愛称で知られる作家の岡田斗司夫が、3日(日)に東京ビッグサイトで行われたイベント『ワンダーフェスティバル』で発生したエスカレーター事故に実際に遭遇したことを明かし、事故の詳細を自身のブログで綴っている。

 イベントは午前10時に開場し、事故が起きたのはその直後だった。集まった客らが4階の会場まで続く上りエスカレーターを2列に並んで上っていた時、先頭が地上から約10メートルほどまで来たとき、突然エスカレーターの動きが止まり、逆走を始めた。

 問題のエスカレーター最前列に乗ってた岡田によると、参加者たちは整然と乗っており、4階まであと少しというところで、エスカレーターが異音を出し始め、「あきらかに「このエスカレーターの歯車とかのメカ部分が壊れて、人の重みで逆流してるんだ!」と思わせるような、エスカレータとしてはあり得ないような速度で後進し始めたのです」と、一部で報道されていた参加者が騒いために事故が起きたわけではなく、エスカレーターの誤作動によって発生したと明かしている。

 最前列という周囲を見渡せる位置にいた岡田は「僕はその場にいたので、はっきり言います。会場のマニアたちは、事故が起こるまでは誰もエスカレーターで走ったり騒いだりしていませんでした」と参加者は整然としていたことを強調。さらに、「イベント主催者も、安全に関してはくどいほどアナウンスを重ねていました。開場時、すべてのお客さんたちの移動の先端にはかならずガードマンか移動担当のスタッフがいました。みんなを走らせないためです。そのせいで、本当に静かに開場できたのを見ました」とイベント主催者側にも落ち度はなかったことを説明。「今回の事故は完全に機械が原因だと言い切れます。メンテナンスの問題なのかエスカレーター自体の寿命なのか、それは今後の調査で明らかになるでしょう」と結論付けている。

 岡田は、大ヒットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』で知られるアニメ制作会社・ガイナックスの元社長で、オタクの王“オタキング”を自称。大阪芸術大学芸術学部客員教授であり、近年、50kg以上ダイエットに成功し、その秘話を綴った著書『いつまでもデブと思うなよ』は大ヒットを記録している。



■ヒット曲満載&好評配信中!!
エヴァンゲリオンの着うた(R)/着うたフル(R) / 着信メロディはこちら

今月の写真ニュース一覧をみる


オリコントピックス