• ホーム
  • 芸能
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝』が発売1週で120万部に迫る売上げ

『ハリー・ポッターと死の秘宝』が発売1週で120万部に迫る売上げ

【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 J・K・ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズ最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』(静山社)が、発売1週目で119万939部を売上げ、8/4付オリコン“本”ランキングBOOK部門首位に初登場した。

 1997年にイギリスで第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』が刊行されたあと、瞬く間に世界中でベストセラーとなった同シリーズは、本国では昨年7月に刊行された今回の第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』で完結。世界で67言語に翻訳され4億部の販売部数を突破している。

 昨年7月の『ハリー・ポッターと死の秘宝』英語版発売時には、米で初日の販売部数が830万部、英で発売24時間の売上が265万部を突破したことをそれぞれ販元の出版社が発表し、いずれもその国の過去最高の販売記録となり大きな話題になっていた。そんななかここ日本でも、発売1週目でいきなり120万部に迫るビッグセールスを記録。その人気のほどをみせつけた。

 ちなみに、2001年以降は1作ごとに映画化されており、その最新作である『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』に至る5作すべてがオリコンDVDランキング首位を獲得している。第6巻の映画化作品『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は今年11月に日米同時公開される予定だ。また、この日発売された最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の映画化については、2部作として製作され、2010年11月と2011年5月に米公開予定と伝えられている。

※協力書店様一覧(五十音順) : 旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンアンドワイ、TSUTAYA、明屋書店、 フタバ図書、丸善、未来屋書店、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、LIBRO、 WonderGOO ほか 

※「オリコン“本”ランキング」は、書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上を基に全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらを基に月間ランキング及び年間ランキングも発表\\\する。



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

今月の写真ニュース一覧をみる


オリコントピックス