• ホーム
  • 芸能
  • ドキュメンタリー『余命1ヶ月の花嫁』、テレビ特番から大反響

ドキュメンタリー『余命1ヶ月の花嫁』、テレビ特番から大反響

【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30


写真を拡大する
ドキュメンタリー『余命1か月の花嫁』

 ドキュメンタリー『余命1ヶ月の花嫁』(マガジンハウス)が、5/19付オリコン“本”ランキングBOOK部門で、先週付50位圏外から7位へと大きく順位を上げ、ドキュメンタリー本としては同ランキング初のTOP10入りを果たした(週間売上部数1万6181部/累積売上部数3万8181部)。

 昨年5月、若年性乳がんのため24歳の若さで他界した長島千恵さんの“最後の1ヶ月”に密着したTBS『イブニングファイブ』のドキュメンタリー番組を書籍化した『余命1ヶ月の花嫁』。先週7日(水)の特番『余命1ヶ月の花嫁 〜千恵さんが残したもの〜』の放送を受け、今週のランキングを急上昇した。

 イベントコンパニオンをしていた23歳の秋、左胸に乳がんを発見。乳房を切除し、一旦は社会復帰をするも再発、そして肺、骨へ転移――。本書では、父親、乳がん発覚直後に交際を開始した恋人、友人ら周りの人たちに支えられながら、諦めず毎日を懸命に生きようとする千恵さんの姿を通して、命、愛、そして感謝することとは何か、生きることとは何かを伝えている。

 なお、本書の収益の一部は、「若年性乳がんについてもっと知って欲しい。若い人には自分と同じ思いを味わって欲しくない」という千恵さんの遺志を受け、20代、30代の人が格安で乳がん検診を受けられる『余命1ヶ月の花嫁・乳がん検診キャラバン』に活用されており、毎回定員オーバーになるほど、多くの女性が検診に訪れているという。

※「オリコン“本”ランキング」は、書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上を基に全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらを基に月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • ドキュメンタリー『余命1か月の花嫁』 

オリコントピックス