• ホーム
  • 芸能
  • 03年発刊の長編ミステリ『償い』、書店発のヒットに

03年発刊の長編ミステリ『償い』、書店発のヒットに

【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30


写真を拡大する
矢口敦子『償い』

 矢口敦子の『償い』(幻冬舎)が先週5位から順位を上げ、オリコン“本”ランキング文庫部門で首位を獲得した。子どもを亡くし、妻にも自殺されたことでホームレスとなった元外科医が、流れ着いた町で起きる連続殺人事件について探り始めるという長編ミステリだ。

 本書は、01年に単行本として刊行され、03年6月に文庫本化された作品だが、昨年9月に新宿の2軒の書店がそれぞれ手書きPOPを作ってのリコメンド展開を開始。それを契機として徐々に話題になり、今年に入ってから目に見えるかたちで売上を伸ばした。

 3月30日付朝日新聞朝刊の書評欄などメディアでのピックアップも重ねられ、4月26日のTBS系『王様のブランチ』では、札幌在住の著者へのインタビューを盛り込むコーナー特集を放送。これを受けて、売上部数も先週付の2万7241部から、今週は3万3389部とさらに伸びている(累積部数:14万475部)。また、同じく矢口敦子のミステリ作品で、今年4月に刊行された『証し』(幻冬舎)も先週付23位から今週は14位にランクアップした。



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


※「オリコン“本”ランキング」は、書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上を基に全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらを基に月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 矢口敦子『償い』 
  • 『償い』週間売上部数、順位の推移 

オリコントピックス