雛人形、3割以上は小学生で卒業

■ランキング表はこちら

 本日3月3日は、桃の節句“ひな祭り”。昔からお雛様や桃の花を飾って、女の子の健やかな成長を祈る日とされているが、果たして「雛人形は何歳くらいまで飾っているものなのだろうか?」。オリコンが中・高校生から40代までの女性を対象にアンケートを行ったところ、一番多く票を集めたのは【今でも飾っている】の26.8%。それに続き【小学6年生頃まで】が17.4%、【小学校3年生頃まで】が15.8%と、合わせて3割以上の女性が、雛人形を飾る習慣を小学生の内に卒業していることがわかった。 

 小学生の間に「飾らなくなった」と回答した人からは「小さい頃は飾りつけをするのが楽しみだったけど、今はあまり興味がなくなってしまった」(福井県/中・高校生)、「それ以降は飾ってもあまり喜べなくなったから」(滋賀県/専門・大学生)などの声が集まり、興味の低下が1つの要因のようだった。また、両親に飾ってもらっていた人も多いらしく、「母が面倒くさがるから」(大阪府/20代社会人)、「それまでは、親が出してくれていたから」(兵庫県/中・高校生)との回答も多数。

 一方で、【今でも飾っている】という人からは「季節の行事を大事にしたいから」(東京都/中・高校生)、「女の子の特権だから・・・」(大阪府/30代)などの回答が寄せられ、未だにその習慣を大切にしている人も多いことがわかった。

 また、『今年、雛人形を飾るか』という調査を実施したところ、【飾る予定】と答えた人は33.4%で、約7割近くの女性が、【飾らない予定】(66.6%)としていた。さらに、『桃の花を飾るか』、『ひな祭りの料理を食べるか』についても聞いてみると、桃の花を【飾らない予定】と答えた人は83.0%で、雛人形と同様に“飾らない”人がほとんど。しかし、『ひな祭りの料理〜』だけは【食べる予定】が61.2%と、はじめて半数を上回る結果に。

 全体の結果を見ると時代の移り変わりと共に、伝統行事である“ひな祭り”に対する意識も変化していっているように感じられた。雛人形からの卒業、小学生の内というのは早いのか? それとも遅いのか?

(08年2月12日〜2月15日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の女性、各100人、合計500人を対象にインターネット調査したもの)


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

オリコントピックス