• ホーム
  • 音楽
  • 「およげ!たいやきくん」がギネス認定、再評価の気運高まる

「およげ!たいやきくん」がギネス認定、再評価の気運高まる


写真を拡大する
3月5日(水)に再発売される「およげ!たいやきくん」


写真を拡大する
たいやきくんグッズ

■ランキング表はこちら

 1975年12月にリリースされ、初登場から11週連続で1位を記録した子門真人が歌う「およげ!たいやきくん」。トータル売上は453.6万枚に達し、現在でもオリコン歴代シングル売上1位を誇る同曲がこのほど、「日本の最も売れたシングル・レコード」としてギネス世界記録に正式認定され、来年度版の『ギネス世界記録2009』に掲載されることがわかった。

 この『ギネス認定』を記念して、レコード会社は「およげ! たいやきくん」の再発盤CDを3月5日(水)にリリースすることを発表した。75年のオリジナル盤に封入されていた「たいやきくんのぬり絵」も再現され、なぎら健壱の「いっぽんでもニンジン」ももちろん収録。完全復刻版としてよみがえる。また、UFOキャッチャーなどで関連グッズが発売される予定もあり、再ブームとなるかが注目される。

 「およげ!たいやきくん」は、歌謡曲全盛の時代にフジテレビ系子供向け番組『ひらけ!ポンキッキ』から突然生まれたヒット・ソング。初回盤が売り切れた後のレコード工場は追加生産のために、異常なほどの忙しさだったという。子供番組の歌とはいえ、焼き菓子の“たいやきくん”の目を通して書かれた、毎日けなげに働く人たちの姿は、当時のサラリーマンたちの姿にも重なり、哀愁に満ちたメロディーも手伝って大ヒットに繋がった。

 なお、92年にも再発売されており、合算すると454.8万枚の売上枚数。「たらこ・たらこ・たらこ」「おしりかじり虫」などのヒットも記憶に新しいが、今回のギネス認定と再発盤の発売で「たいやきくん」の再ブレイクの兆しが高まりつつある。ランキングの動向も注目したい。

◆ギネス作品「およげ!たいやきくん」のレコード原盤をカッティングした
東洋化成(株)の手塚和巳さん。東洋化成は現在アジアで唯一のアナログレコードを生産している工場だ。



■ヒット曲満載&好評配信中!!
子門真人の着うた(R)/着うたフル(R)/着信メロディーはこちら




【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 3月5日(水)に再発売される「およげ!たいやきくん」 
  • たいやきくんグッズ 
  • たいやきくんグッズ 
  • たいやきくんグッズ 
  • たいやきくんグッズ 
  • たいやきくんグッズ 
タグ

オリコントピックス