X’masの「サプライズ」に期待、5割以上


■主な回答一覧はこちら

 もうすぐクリスマス! イルミネーションが輝きを増し、店頭にも関連商品が並んだりと、一気にその気配が近づいてきた。オリコンでは「クリスマスプレゼントをもらう時にうれしいのは?」というアンケートを実施。その結果、【贈ってくれる相手が自分で考えて贈ってくれたもの】に票が集中。55.1%もの人が、相手が自分のために選んでくれるサプライズのプレゼントを望んでいることがわかった。

 「10代」〜「40代」まで、すべての年代でもこの意見は圧倒的。「サプライズがあっておもしろい」(埼玉県/専門・大学生/女性)、「ドッキリ感がいい」(栃木県/20代社会人/男性)など、プレゼントを選んでくれた相手の個性やフタを開けるまでのドキドキ感が人気の主な理由。また女性からは、「プレゼントを選んでいるその時間、私のことを考えてくれていたと思えるから」(広島県/中・高校生/女性)との声も多く、プレゼントの中身よりも、相手が自分を考えてくれたことによる喜びが一番の理由なのかも。

 その次に多かったのは【贈ってくれる相手に欲しいものを尋ねられて、答えたもの】(22.1%)で、「欲しい物をもらえた方がうれしい」が大半の意見。興味深いのは、「20代」〜「40代」など、年齢が上がるのに比例して、票数が多いところ。「結婚5年目なので、驚きよりも欲しい物がいい」(東京都/30代/女性)のように、年を重ねるにつれ、物欲が高まるのかもしれない。また、一方で「相手の趣味がわかるので」(千葉県/20代社会人/女性)など、相手の好みや性格を知ることができるところがいいと答えた人も。

 3位は【贈ってくれる相手と一緒に選んだもの】(19.3%)。「2人で選んで買うこともクリスマスプレゼントの1部だと思うから」(高知県/中・高校生/女性)などのように、「一緒に選ぶ時間が楽しい」が主な回答。もらった時の驚きこそないものの、相手と一緒に楽しい時間を共有できるところが、一緒にプレゼントを選ぶ魅力かもしれない。

 おもしろかったのは、「クリスマスプレゼントを選ぶ方法」についても調査したところ、女性はもらう方と同じく【何が欲しいかを聞かずに、自分で選ぶ】(41.4%)が一番多かったのに対し、男性は【贈る相手に欲しいものを聞いて、自分で選ぶ】(35.6%)が多い点。これは女の子を満足させたいと思う男の性なのか? 女性よりも男性の方が“クリスマスに”対して意気込んでいる様子が伝わってくる。

 なにはともあれ、プレゼントには相手を思う“気持ち”が一番大切なのかもしれませんね。

(07年12月6日〜12月10日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1,000人を対象にインターネット調査したもの)



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

■クリスマス特集『4週連続!クリスマス特大企画!!』(07年11月28日)
■クリスマス特集『Xmasに素敵なLOVEをゲットする方法』

オリコントピックス