• ホーム
  • 芸能
  • YouTube内に日本のレコード会社初の公式チャンネル

YouTube内に日本のレコード会社初の公式チャンネル

EMIミュージック・ジャパン、YouTube内に日本のレコード会社初の
公式チャンネルを開設。洋楽アーティストの映像を公開


 EMIミュージック・ジャパンは10月30日、動画共有サービス・YouTubeの日本版サイトにおいて、公式ブランドチャンネルを開設。同社に所属する洋楽アーティストであるスパイス・ガールズ、ダフト・パンク、カイリー・ミノーグの3組のチャンネルをオープンした。代表的なヒット曲のPVのフル視聴、ライヴ映像のダイジェスト等、5分弱の動画を複数公開。日本のレコード会社がYouTube内に公式チャンネルを開設するのは初となる。今後も新譜を発売する洋楽アーティストを中心に、毎月公式チャンネルを開設していくという。

 またヤマハも10月31日、YouTubeの日本版に、公式チャンネルを開設。自社サイトや社内ブログ、各国現地法人のサイトなどに散在している動画コンテンツを一括して閲覧可能にした。オープン時には、ヤマハおよび国内外のグループ会社でこれまで制作した、デモ演奏やプロモーションビデオ、イベントリポート、楽器メンテナンスのノウハウといった、さまざまな動画コンテンツ約50タイトルを用意。順次追加し、今年度内には200タイトル以上を揃える予定。

 一方ニワンゴは10月30日、同社が運営するニコニコ動画において、JASRACと管理楽曲の利用許諾に向けた協議を開始したと発表した。投稿者が使用する音楽著作物の権利処理に関して協議を重ねた結果、JASRACの示す許諾条件に同意。また同社がこれまで行ってきた権利保護および権利侵害防止についての姿勢が認められたこともあり、年内の暫定許諾を目指すことになったという。トライアルとして、エイベックス・グループから正式に許諾を受けた正規動画の配信を近日中に開始する。

 権利者に無断でアップロードされるコンテンツが問題とされている動画共有サービス。しかし海外では既に多くのテレビ局や映画会社などがYouTubeとパートナー契約を結び、公式チャンネルを開設してコンテンツを流し、プロモーションに活用する動きが盛んだ。日本でもこれまでにスカパー!や東京MXテレビなどの放送局、GDHや吉本興業などが公式チャンネルを開設している。


 

オリコントピックス