• ホーム
  • 芸能
  • 次はテラ盛りだ!? 日本全国メガ盛りブーム

次はテラ盛りだ!? 日本全国メガ盛りブーム

 メガ盛り、メガ食品ブームである。カップヌードルを買いにコンビニへ行くと、“大盛り”“激盛り”が所狭しと棚に並び、普通サイズが片隅に追いやられている。牛丼のすき家では、“特盛り”の上をいく“メガ牛丼”が登場(写真右・11月11日まで割引キャンペーン中)、ファミリーマートではメガハンバーグ弁当、メガチキンカツ弁当の2大メガ弁当が大人気。テレビ東京系『元祖! 大食い王決定戦』では、同局の今世紀瞬間最高視聴率28.8%を記録し、テレビで大食い女王・ギャル曽根を見ない日はない。秋の学園祭や地方の収穫祭イベントでも、 今年は“メガ盛り・大食い”をキーワードにした企画が集客の目玉になりそうだ。

 なぜこんなに大食いがウケるのだろうか。大きな理由として、若者はダイエットブームの反動、中高年層はメタボを責められストレスがたまっている。「たまにはガッツリ食べたい!」という老若男女の雄叫びが、現在のメガ盛りブームの根底にある。加えて、ちっとも改善されない格差社会において、腹いっぱい食べられない層が発生。「切実に大盛りを食べたい」という彼らの欲求が、ブームを後押ししているのだという説もある。もともと日本は古来から収穫祭、豊穣祈願で「大食いイベント」を行ってきた。大盛りの食事や食欲旺盛な人を見るとワクワクしてくるのは、日本人のなかに“たくさん食べられる=豊か”という記憶が刷り込まれているからだと言える。

 今後ますます加速しそうな“大食い・メガ盛り”ブームだが、すでに、メガ盛りの世界はメガ、ギガ、ときて“テラ(10の12乗。天文学的な数字である)”まできているらしい。この現象は、テレビ東京系『テレビチャンピオン2 デカ盛り王選手権』現チャンピオンが運営するサイト『テラめし倶楽部』でもその片鱗を覗くことができる。しかし、平成17年度国民栄養調査において、男性の二人にひとりがメタボ(女性は五人にひとり)という調査結果からも分かるように、このままでは日本全体が肥満大国アメリカ並に太りだす日もそう遠くはないというのも事実。 爆食の秋、みなさん食べ過ぎにご注意を!
 

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  •  

オリコントピックス