• ホーム
  • 芸能
  • 「禁煙ハウツー」から「癒し系」、「旅もの」まで、ユニークDVDが面白い!

「禁煙ハウツー」から「癒し系」、「旅もの」まで、ユニークDVDが面白い!

  DVDのソフトというと、映画や音楽、テレビドラマ、お笑いなどが品揃えの中心となるが、その他のアイテムも増える一方だ。『ビリーズブートキャンプ』が通販市場でヒット商品となったのも記憶に新しい。ダイエットをはじめとする“ハウツーもの”から“癒し系”、さらにはこの季節にふさわしい“旅もの”“街歩き”“美術鑑賞”まで、実はいろいろとリリースされている。なかには禁煙のためのDVDも発売されており、これが話題を呼んでいる。

 9月19日に発売された『アレン・カーの禁煙セラピー DVD』は、日本で130万部を超えるロングセラーとなった同名書籍の映像版で、あの名優アンソニー・ホプキンスや、ヴァージングループの会長リチャード・ブランソンなどもこの方法で禁煙に成功しているという。DVD化によって、文字よりも理解しやすくなったため、インパクトも強い。

 
アレン・カーの禁煙セラピー DVD』
(PCBE-51640)
3990円(税込) 9月19日発売
発売:CKエンタテインメント/双日/ホリプロ

キャッチコピーは“≪60分≫観るだけでやめられる”

 近年、世界的に禁煙区域がいっそう広がり、喫煙者にとっては肩身の狭い状況が続いている。現在では男性の喫煙率は40パーセントを切り、男女全体でも24.2パーセントという最低の数字となっている。禁煙を考え始めているなら、「やさしくやめられる」を謳い文句にしているこのDVDは、確かに試してみる価値はありそうだ。

 美術の秋にふさわしいのは『エドヴァルド・ムンク―生命のダンス―』だろう。ノルウェーを代表する存在であり、『叫び』などで日本でも知られる画家の、代表作のエピソードと日記をもとにその生涯をたどるドキュメンタリー。ドラマチックな彼の生涯が再現ドラマ、数々の代表作とともに映像化されている。おりしもこの10月から08年1月まで、国立西洋美術館で“ムンク展”が開催される(関西では08年1月より3月まで兵庫県立美術館)。展覧会に出かける前に、このソフトで予習しておくというのがベストの活用法といえるだろうか。

 一方、近年、静かな流行となっている“街歩き”と、中高年を中心にブームとなっている“古地図”の世界を融合させたソフトが『古地図江戸さんぽ第1巻〜池波正太郎「鬼平犯科帳」を歩く〜』と『古地図江戸さんぽ第2巻〜池波正太郎「剣客商売」を歩く〜』だ。江戸の古地図をもとに、池波正太郎の名作小説に登場する街並みや、池波正太郎自身の軌跡をたどる。今なお現存する建物から風景をゆったりと紹介していく。

 『〜「鬼平犯科帳」を歩く〜』では、清水門外・市谷・四谷、音羽・雑司が谷、愛宕・芝・三田、本所・深川、上野・谷中といった地域が紹介され、『〜「剣客商売」を歩く〜』では向島、大川(隅田川)、深川、江戸城、橋場・今戸・浅草が描かれる。池波正太郎の名文の世界がくっきりと浮かび上がるような仕上がり。頃は行楽の秋となれば、のんびりと東京散歩を洒落るには最適のソフトである。

 いながらにして旅行の気分をお望みなら、仮想旅行がお勧め。美しい映像で旅情を味わえると評判となったポニーキャニオンの“virtual trip”シリーズが低価格版で次々と発売されている。なかでは『virtual trip 京都の秋[低価格版]』と『virtual trip 京都の紅葉[低価格版]』が秋にふさわしい。古都の旅情を満喫できる。


     

オリコントピックス