• ホーム
  • 芸能
  • 出演女優・檀れいの好印象を受け、サントリー「金麦」が人気

出演女優・檀れいの好印象を受け、サントリー「金麦」が人気


■CM好感度8月度(F層)

 NTTドコモとソフトバンクの携帯電話CMが1、2位を占めた。8人の男女が織りなすストーリーが魅力のドコモに対し、想像を絶する組み合わせの家族が繰り広げる会話が面白いソフトバンク。この分野で先行してきたau by KDDIを追いかけるかのように、次々と放たれる新エピソードがしばらくはユーザーの心を捉え続けることだろう。

 「これだけ中身の濃いCMは久しぶりに見ました」(神奈川県・21歳/NTTドコモ)「CMなのに、ドラマがある」(千葉県・44歳/NTTドコモ)「シュールでおかしい」(東京都・24歳/ソフトバンク)「ものごとには何でも理由があるんだというフレーズがものすごくいい」(神奈川県・40歳/ソフトバンク)など、ケータイ全体のイメージをも押し上げているような作品である。

 ドコモダケやハナコアラ、ペンギンなどに代表される“キャラクターを前面に押しだしたCM”は、ひところに比べ目にする頻度は減ったものの、効果の高い作品は生まれ続けている。そのひとつがサントリーの機能性飲料「DAKARA」のCMに登場しているこぶたの“ピグリン”だろう。ピグリン・ブランドTMは、ビアトリクス・ポター作の「ピーターラビットTMシリーズのひとつとして、1913年に最初のエピソードが描かれた歴史を持つキャラクターだが、これを現代のサラリーマンに置き換えた、制作スタッフの炯眼が光る仕上がりを見せている。「シリーズ化している軽快に踊る豚のインパクトが強い。可愛くて思わず見入る」(東京都・42歳)。

 12位に登場したのは、元タカラジェンヌ・檀れいを起用したサントリー「金麦」。映画『武士の一分』などで既にその名は知られていたものの、このCMで存在感がさらにクローズアップされることとなったようだ。「笑顔と清々しさに毎回癒されています。見た後はなんだか元気な気分になれます」(千葉県・25歳)「とにかくキレイでうっとり」(神奈川県・35歳)。同性に高評価を受けている点に注目。次代の黒木瞳的存在となるか。



■8月度CM好感度ランキング(F層)




これまでのテレビCM、CMタイアップ曲 好感度ランキング一覧はこちらへ

今のヒット、あの頃のヒットをブログで解説
シングル首位獲得1000曲までのこぼれ話が満載!


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社企画ST部までお願いいたします。


(2007年7月05日〜7月09日、1都6県在住の中・高校生男女各300人、計600人にインターネット調査したもの)       

オリコントピックス