人を優しい気持ちにする雨の風景

■ランキング表はこちら

 雨が多い季節になり、毎日降る雨に気持ちが滅入ってしまう人もいるかもしれないが、逆に梅雨を楽しんでみるのもいいもの。ということで、雨の日だからこそ見える「雨の日の絶景ポイント」をオリコンではリサーチした。

 1位は、身近にある【家から見える風景】。「見慣れた風景の中に、いつもとは違う人の格好や光景が対照的で新鮮」(神奈川県/20代社会人/男性)と、毎日見ている風景が違って見えるところに趣きを感じるようだ。「自分の家で何も考えずに、雨が降っている様子を眺めることに風情を感じる」(兵庫県/中・高校生/男性)など、雨の日の静けさも加わってか「詞でも書きたい気分になる」(愛知県/40代/男性)という人も。

 2位は【海】。「海に降る雨が吸い込まれていく様子が好き」(大阪府/40代/女性)、「荒れた海も迫力があり楽しい」(東京都/40代/男性)と人気。そして3位には【山】がランクインした。「雲がかった様は言葉でいえないくらい神秘的だった」(大分県/40代/男性)と大自然の絶景に感動する男性が多かった。

 その他にも、「教室の窓。授業中に寝ながら雨を見るのがとても好き。チョークのカツカツっていう音と雨の音が合う」(兵庫県/中・高校生/女性)という学生ならではの回答や、「学校前。子どもの傘を差している姿が妙に懐かしい」(福岡県/30代/男性)、「カフェから見える景色。ボーっとしながら眺めるとほっとして落ち着くから」(愛知県/20代社会人/女性)など、いろいろな雨の日の絶景ポイントが寄せられた。

 傘をさしていて、ついつい見逃してしまいがちな雨の日の風景だが、意外と身近な景色に感動する人が多かった今回のランキング。そんな雨の日の絶景を探してみるのも、梅雨を楽しく過ごすポイントになるかもしれない。

(猫よしこ、傘)

(2007年5月24日〜5月28日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1,000人にインターネット調査したもの)




オリコントピックス