• ホーム
  • 芸能
  • GReeeeN、アルバム2位! 色にまつわるヒットのジンクス?

GReeeeN、アルバム2位! 色にまつわるヒットのジンクス?

■色にまつわるランキング情報はこちら

 現役歯科大生4人組のヒップホップ・グループ、GReeeeNのファースト・アルバム『あっ、ども。はじめまして。』が、アルバムランキング初登場2位を獲得した。

 5月にリリースした3枚目のシングル「愛唄」が話題となり、7/2付週間ランキングではこれまでの最高位となる2位まで上昇、累積売上枚数も11.6万枚に達し、今週のシングルランキングでも6位と、発売7週目ながらベスト10圏内をキープ。新人としては、かなりの好成績となる。

 そんな新人ながら、早い段階でヒットを飛ばしビッグネーム入りしたケースとして、ORANGE RANGEの名前が思い出される。奇しくもこちらも、色に関連したグループ名。オレンジに引き続き、グリーンもビッグネームへと成長していくかが注目される。

 ちなみに、ORANGE RANGEは結成当時、グループ名を決める際に、GLAYがヒットしていることを踏まえて、色(グレイ)に関係する名前を考えた、というエピソードが巷に出回っている。灰色の場合は「GRAY」となるので、真偽のほどは定かではないが、たしかに名前に色のついたグループは、ピンク・レディー、イエロー・モンキーなど、ヒット・ランキングの歴史に名を残している。海外で言えば、『ステイディアム・アーケイディアム』でアルバム・ランキング1位を獲得(06年5月)したレッド・ホット・チリ・ペッパーズもこの例にあてはまりそうだ。

 さてさて、この次の世代では、何色がヒット・アーティストとなっていくのか? 今回のGReeeeNのヒットで、「緑」が使用済みと考えると、ブルーやパープル、もしくはシルバーあたりが狙い目だろうか。

GReeeeNを動画でチェックする→http://www.oricon.co.jp/tv/pvj/


【色にまつわるランキング豆情報】
ORANGE RANGE
 これまで「花」をはじめ9作のNo.1シングルを獲得。04年12月に発売されたアルバム『musiQ』は05年度No.1アルバムを獲得、累積売上は約265万枚に達した。

GLAY
 07年4月の「鼓動」が22作目のNo.1シングルに。97年10月発売の『REVIEW〜BEST OF GLAY』は97年度No.1アルバムを獲得、98年度には同4月発売の「誘惑」が年間No.1シングルに。

THE YELLOW MONKEY
 98年の「球根」がNo.1シングル獲得。95年の『FOUR SEASONS』で初のアルバムNo.1、続く『TRIAD YEARS act ?−THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY−』は最高位2位ながらミリオンヒットに。

ピンク・レディー
 77年の「UFO」をはじめ9作のNo.1シングルを獲得、当時の首位獲得数記録だった。この記録自体は破られたものの、彼女たちがもつシングルの首位獲得週数63は、B'zでも辿りつけていない大記録。

色にまつわるヒット・アーティスト、まだまだたくさんいるかもしれません。

↓↓↓コメント募集中!↓↓  
 

タグ

オリコントピックス