新入社員のNG態度、1位「タメぐち」

■ランキング表はこちら

 4月になり、新入社員が入社する季節を迎えた。そんな“新たな仲間”を迎える社員の意識調査をORICON STYLEが行った。20代〜40代が新入社員に対して「こんなことはして欲しくない」といういのは、いったいどんなことか?

 結果は、女性からの意見が多かった【言葉遣いが悪い・タメぐち】が1位に。「職場の上下関係はしっかりしてほしい」(北海道/30代/女性)ということも含め、「目上の人に対する言葉遣いをわきまえるのは社会人として当たり前」という回答が目立った。また、「ちゃんとした敬語を使えないと、対外的に、しっかりとした会社だと思ってもらえないから」(岡山県/40代/女性)と、個人の問題だけでなく、会社としての問題にもなるといった指摘もあった。

 2位は【遅刻】。学生の時とは違い、仕事や周りの人への影響もあるだけに「これだけは絶対にダメ」(和歌山県/20代/女性)という人が多い。時間にルーズだと、いい加減な人間とみられてしまい、「信用できなくなるから」(愛媛県/20代/男性)と、会社の信用にかかわってくるからだ。

 そして僅差で【マナーが悪い】が3位に。マナーやモラルは人との関わりの中で大事なことだけに、「社会人としてというより、1人の人間として、最低のマナーはちゃんと守らないと、一緒に仕事をしていく仲間として扱えない」(岡山県/30代/男性)などの厳しい意見が相次いだ。

 また、「小さくまとまってほしくない。若いからこそできる無茶なことに、どんどんチャレンジしてほしい」(北海道/40代/女性)、「恐れないこと。何事に対しても前向きであってほしい」(千葉県/40代/男性)、「初心を忘れない。仕事に取り組む新鮮な気持ちを忘れないでほしい」(東京都/40代/男性)など、40代を中心にアドバイスもあり、厳しくも温かい先輩の思いが寄せられた。

(2007年3月2日〜3月6日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代、30代、40代の、登録属性で「会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員、派遣社員の方」、男女各150人、合計900人にインターネット調査したもの)




オリコントピックス