• ホーム
  • 芸能
  • 少しでも楽になりたい!花粉症に効く食材とは!?

少しでも楽になりたい!花粉症に効く食材とは!?

■ランキング表はこちら

 学校でも、会社でも、そこら中からクシュンクシュンと聞こえてくる季節。今年は例年よりも花粉の量が少ないとは言われているものの、当事者にとっては辛いことに変わりはない! 去年までは何とも無かったのに、ついに泣く泣く花粉症デビューなんていう人も多いのではないだろうか。 そんな、花粉が飛びまくっている今、ORICON STYLEでは、花粉症を少しでも和らげる効用がある食べ物をリサーチした。

 第1位は、今やすっかりおなじみの【ヨーグルト】。
「中学生の頃から6年間くらい花粉症でしたが、ヨーグルトを半年間くらい食べ続けていたら翌年から花粉症にかからなくなりました」(神奈川県/33歳/男性)「3年前までひどくて外にも出られなかったのに、ふつうにマスクをして生活が出来るレベルにおさまりました」(東京都/41歳/女性)という心強い意見から、「毎年気休めに食べてるがちょっとだけ効いてるような気がする」(千葉県/24歳/女性)「テレビで紹介されていたから試しに食べています」(神奈川県/19歳/女性)という意見まで、効果のほどは人それぞれのようだが、ヨーグルトによって症状が軽減している人が多いのは確かなようだ。

 第2位は花粉症に効くことでその名を広めた【甜茶(てんちゃ)】。
「鼻がつらい時に飲むと、鼻のとおりがよくなってすっきりする」(東京都/29歳/女性)「あるドラッグストアの講習会で習いました。鼻炎にもいいらしいです」(東京都/38歳/男性)と、特につらい鼻の症状を軽減してくれるという意見が多かった。しかし、コメントを見たところ、その甘い独特の味から好き嫌いが別れ、普通のお茶のようにガブガブ飲んでいる人はまだ少ない。

 第3位は、ここ数年テレビ番組で取り上げられることが多かった【しそ】。
「テレビで見たことがある。免疫力がアップしそう」(東京都/23歳/女性)、「美味しいし、あの独特の風味が体の中をキレイにしてくれる気がする」(神奈川県/31歳/男性)「花粉症にはしそが効くと聞いたことがあるので、出来るだけ食べるようにしている」(神奈川県/28歳/男性)とう意見が続いた。

 逆に、花粉症が悪化すると思われる食べ物としては、体を冷やす作用を持つ甘いものや冷たいもの、そして粘膜の毛細血管を刺激してしまう刺激物。つまり、唐辛子など刺激の強い香辛料を使った食品やアルコールである。しかし、それらのものを食べないわけにもいかない。これからは花見など楽しい行事も目白押し。美味しいお酒を飲み、好きなものを食べに行くためにも、体調を万全に整えて花粉症対策を心掛けていきたい。

(2007年3月10日〜3月12日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の中高生、専・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、計1000人にインターネット調査したもの)




オリコントピックス