• ホーム
  • 芸能
  • 【京都国際映画祭】中村玉緒、勝新さんと裕次郎さんを思い出し感涙「あの世でどうしてるかしら」

【京都国際映画祭】中村玉緒、勝新さんと裕次郎さんを思い出し感涙「あの世でどうしてるかしら」

京都市内を中心に開幕する『京都国際映画祭2017』(12日〜14日)で女優の中村玉緒が12日、京都・よしもと祇園花月で行われた映画『人斬り』(1969年)の舞台あいさつに登壇した。玉緒は勝新太郎さんとのけんかを思い出して感涙。「あの世でどうしてるかしら」と今は亡き夫を思い、石原裕次郎さんとのエピソードも披露した。

今年は1992年に亡くなった映画監督・五社英雄さんの没後25年と...

この記事の画像

  • 舞台あいさつに登壇した中村玉緒 (C)ORICON NewS inc.
  • 公開された映画『人斬り』の写真 (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2017』(12日〜14日)の京都・よしもと祇園花月で行われた映画『人斬り』(1969年)の舞台あいさつに登壇した中村玉緒 (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2017』(12日〜14日)の京都・よしもと祇園花月で行われた映画『人斬り』(1969年)の舞台あいさつに登壇した中村玉緒 (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2017』(12日〜14日)の京都・よしもと祇園花月で行われた映画『人斬り』(1969年)の舞台あいさつに登壇した中村玉緒 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス