• ホーム
  • 芸能
  • 斎藤工、憧れの浅野忠信と初共演 『刑事ゆがみ』第2話に水野美紀とゲスト出演

斎藤工、憧れの浅野忠信と初共演 『刑事ゆがみ』第2話に水野美紀とゲスト出演

 俳優の斎藤工、女優の水野美紀が12日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜 後10:00)第2話(19日放送)にゲスト出演することがわかった。きょう初回を迎える同ドラマは、浅野忠信演じる犯罪者の心が読める天才適当刑事・弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)と、神木隆之介演じる出世欲に燃える腹黒刑事・羽生虎夫による凸凹バディが、難事件を解決する物語。水野は強姦未遂事件の被害者、斎藤は詳細が明かされていないもののこの事件に関連する重要な人物役に決定した。

 主演の浅野・相棒役の神木とは初共演となる斎藤は「浅野さんに憧れてこの世界に入ったようなもので、映画『バタアシ金魚』をはじめとする存在感は本当にすばらしいと思います」と賞賛し、「今回、テレビや映画というエンターテインメントも垣根を越えてトップランナーである二人が作品を盛り上げようとする姿に勇気づけられ、感動しました」と噛み締めた。

 今作の演出を担当する西谷弘監督とは、大ヒットドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』でもタッグを組んだ経験もある斎藤だが「詳しい役柄は言えないのですが、『昼顔』より今回の役の方が自分に近いと思います。ある“熱い信念を持った、芯のある男”と若手刑事・羽生との戦いに注目していただければと思います」とみどころを語った。

 一方、自宅アパートで仮眠中に窓から侵入した男に襲われそうになった中学校教師・早杉千里を演じる水野は「自分とは少し“ゆがみ”方が違う女性を、自分に重ね合わせて演じました」と振り返り、「浅野さんの暖かく重厚なオーラ、神木さんの軽やかさに同居する安定感。なんてなんてすてきなコンビ!と、密かに心はしゃいでおりました。とてもクリエイティブで、緊張しましたが、ワクワクする現場でした」と充実した撮影を満喫していた。



関連写真

  • フジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』第2話ゲストの斎藤工 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』第2話ゲストの水野美紀 (C)フジテレビ

オリコントピックス