• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン】『美女と野獣 MovieNEX』実写映画BD初週売上で歴代3位

【オリコン】『美女と野獣 MovieNEX』実写映画BD初週売上で歴代3位

 不朽のディズニー・アニメーションを、英女優エマ・ワトソンの主演で実写化したディズニー映画『美女と野獣』の映像作品『美女と野獣 MovieNEX』(10月4日発売)が、週間14.5万枚を売り上げ、10/16付オリコン週間Blu-ray Disc(以下BD)ランキングで初登場1位を獲得した。『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』(2010年1月発売、累積35.8万枚)が10年2/8付で記録した同26.2万枚、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉DVD+ブルーレイ」(11年11月発売、累積24.5万枚)が11年11/14付で記録した同14.6万枚に次いで、当ランキングにおける実写映画BD作品歴代3位の初週売上となった。

 そのほか、同日発売の『〜MovieNEX コレクション(期間限定)』が総合3位(初週2.0万枚)、『〜MovieNEXプラス3D(オンライン数量限定商品)』も同5位(同0.8万枚)をそれぞれ獲得しており、同一タイトルによる3作同時TOP5入りを記録。今年度のランクイン作品としては、4/3付で記録した邦画BD作品『シンゴジラ』(3月発売)、同じく8/7付で記録したアニメBD作品『君の名は。』(7月発売)に続く達成となった。

 同作は「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で知られるエマ・ワトソンが主役のベルを演じ、ベルと心を通わせる野獣役でダン・スティーブンスが出演。監督と脚本は大ヒットミュージカルを映画化した『シカゴ』(脚本)や『ドリームガールズ』(監督・脚本)を手がけたビル・コンドンが務めた。また日本語吹替版の声は、ベル役の昆夏美、野獣役の山崎育三郎をはじめ、ミュージカルや舞台で実績を持つ顔ぶれが担当した。壮大で華麗なストーリーを盛り上げる音楽は、ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンによるアニメーション版からの楽曲に3曲の新曲が加わり、作品により華やかさと深みを与えている。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


オリコントピックス