• ホーム
  • 芸能
  • テレ朝、“オールステーション”で選挙特番 田原総一朗の朝まで生討論も

テレ朝、“オールステーション”で選挙特番 田原総一朗の朝まで生討論も

 テレビ朝日では、10月22日に投開票が行われる第48回衆議院議員総選挙の特番『選挙ステーション2017(1部)』(後7:57〜深0:30)を、『報道ステーション』『サタデーステーション』『サンデーステーション』の3番組のキャスター総出で行うことを発表した。同局の“ステーション”ブランドのキャスターが集結するのは、今回が初。深夜0時30分からの同2部では、ジャーナリストの田原総一朗氏が出演し、朝4時まで徹底生討論を行う。

【写真】その他の写真を見る


 出演は『報道ステーション』から富川悠太小川彩佳、政治ジャーナリストの後藤謙次氏、『サタデーステーション』から高島彩、『サンデーステーション』から長野智子ほか。

 今回の選挙は、今年の通常国会で成立した改正公職選挙法が初めて適用され、定数は小選挙区が「0増6減」で289議席、比例代表は「0増4減」で176議席となり、戦後最少の465議席をめぐって争われる。

 安倍政権の継続の是非を最大の争点に、与党の勝敗ラインとされる「自民党・公明党で過半数(233議席)」は維持できるのか? 小池百合子代表の希望の党はどこまで議席を獲得できるのか。さらに新たに結党された立憲民主党のほか、日本維新の会、共産党、社民党など各党の議席は? 番組では、「最後まで誰が勝つのか分からない激戦区」「苦戦している大物候補」など、開票結果を待つ現場から生中継。安倍総理、小池代表をはじめ各党幹部に富川キャスターがインタビューを行っていく。

 高島キャスターは、政治部・中丸徹記者とともに「視聴者のギモン」に回答する新コーナー「総選挙いまここに注目!」を担当。選挙取材と開票速報から選び抜いた「どうなっているか知りたい」テーマについて、VTRとスタジオショーで紹介するなど、“ソフトなわかりやすさ”を演出していく。長野キャスターは、台風の目として注目される希望の党のキーパーソンを現場で直撃する。

 2部では田原氏とスタジオに与野党論客を集め、審判を受けた大物衆議院議員などと中継を結びなから、選挙結果の分析と日本の未来を徹底討論する。

 富川キャスターは「なぜ今、解散だったのか。日本列島にどんな“風”が吹いたのか。報道ステーションで日々お伝えしたその“答え”が、選挙ステーションにあります。この先にどんな日本が待っているのでしょうか。あの人はどう答えてくれるのか、みなさんと一緒に、ぐっと近づいて、考え、そして、お伝えします」と、コメントを寄せている。



関連写真

  • テレビ朝日の選挙特番に「ステーション」3番組のキャスターが集結。(上段)『報道ステーション』富川悠太、小川彩佳、(下段左から)『サタデーステーション』高島彩、『サンデーステーション』長野智子(C)テレビ朝日
  • 『報道ステーション』富川悠太(右)、小川彩佳(左)(C)テレビ朝日
  • 『サタデーステーション』高島彩(C)テレビ朝日
  • 『サンデーステーション』長野智子(C)テレビ朝日

オリコントピックス