• ホーム
  • 芸能
  • KAT-TUN上田の意外な一面、女性共演者が絶賛「ずっと笑顔」

KAT-TUN上田の意外な一面、女性共演者が絶賛「ずっと笑顔」

 人気グループ・KAT-TUN上田竜也(34)が10日、都内で行われたテレビ東京系『新宿セブン』(毎週金曜 深夜0:12※13日スタート)の完成披露試写会後記者会見に出席した。クールで肉体派な印象の強い上田だが、共演の女優・大野いとが「お話していて、7、8割は笑顔。ずっと笑顔でそこが驚きというか、私は小学生のときからテレビや雑誌で拝見していたので意外で素敵な一面だった」と絶賛すると、上田は「それはみんなのことが好きだから」と照れ笑いを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 この他にもドラマ初挑戦となる家入レオは「上田さんにお会いする前は話しづらい印象を勝手に抱いていたんですが、実際にお会いするとふとした瞬間に隣にいらっしゃって『大丈夫?』とこっちが気を遣わずにリラックスする言葉をそっと言ってくださる。撮影でも何度も救われたしそのギャップにいらっしゃってるみなさんもやられちゃうんじゃないかな?」とその振る舞い方に感嘆し、野波麻帆も「穏やかで優しくて、最初のお芝居する段階でも『ここはこうなんだけどどう思う?』と話すことができてとても信用できる」と女性陣からの賞賛を浴びた。

 一方、夏木マリは「私は上田さんの寂しい顔を発見しました」と、他の共演者がSNSに載せる写真に上田が参加できないことから「『僕、寂しいです』とコソッと言うので、寂しそうな顔をするのでそこもまたチャーミングだなと思いました」と暴露。上田は「誰にも誘われないから寂しい…」と訴えると「プライベート用で!」とお願いしていた。

 上田にとって連ドラ初主演となる今回、新宿歌舞伎町とアジアを舞台に質屋の店長で抜群の鑑定眼をもったアウトローな主人公・七瀬が訳ありな客と関わりながらトラブルに立ち向かうヒューマンミステリーを描く。

 見習い鑑定士として七瀬の相棒となる大野健太役の中村倫也と上田は、すっかりコンビネーションが出来上がっているようで、この日も息ピッタリのやりとりを展開。同局のキャラクター・ナナナが登場しドラマの内容にちなんで700円と30円のバナナを見極めるコーナーでは役柄に反して上田が不正解。「上田くんが間違ってたら僕が七瀬役をやります」と宣言した中村が正解するという結果に…。上田は「バナナの鑑定は健太に任せます」と苦笑しきりだった。



関連写真

  • 上田竜也を絶賛した(左から)夏木マリ、家入レオ、中村倫也、大野いと、野波麻帆 (C)ORICON NewS inc.
  • 大野いと (C)ORICON NewS inc.
  • 家入レオ (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『新宿セブン』の完成披露試写会後記者会見に出席した中村倫也 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『新宿セブン』の完成披露試写会後記者会見に出席した野波麻帆 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『新宿セブン』の完成披露試写会後記者会見に出席した夏木マリ (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『新宿セブン』の完成披露試写会後記者会見に出席した大野いと (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『新宿セブン』の完成披露試写会後記者会見に出席した(左から)夏木マリ、家入レオ、中村倫也、大野いと、野波麻帆 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『新宿セブン』の完成披露試写会後記者会見に出席したナナナ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス