• ホーム
  • 芸能
  • 【オールスター感謝祭】バナナマン日村&オードリー春日が30メートル逆バンジー

【オールスター感謝祭】バナナマン日村&オードリー春日が30メートル逆バンジー

 53回目を迎えたTBS系恒例、秋の新ドラマや人気バラエティー・情報番組の出演者160人が集結する『オールスター感謝祭’17秋』で、新企画「天才東大生を倒せ!赤坂5丁目クイズレース」が放送された。『東大王』(日曜 後7:00)に出演する天才東大生を相手に、アンガールズ田中卓志、教育学者の齋藤孝氏、にゃんこスターアンゴラ村長竹内涼真、青山学院大学の原晋監督、阿佐ヶ谷姉妹渡辺江里子による芸能人チームが早押しクイズレースで挑んだ。

【写真】その他の写真を見る


 1回戦は田中、齋藤氏、アンゴラ村長の3人が挑戦するも惜敗。罰ゲームとして、最高到達点が30メートルにおよぶ「逆バンジー」が実行され、人質として選ばれていたオードリー春日俊彰が宙に舞った。ジェット噴射で、何度も空中へと打ち上げられていった春日は「いやー怖えー!熱かったですしね…」と悲鳴を上げた。

 2回戦は竹内、原監督、渡辺のトリオがチャレンジしたが、東大生の前に敗北。人質役のバナナマン日村勇紀が「何で、オレがやらないといけないんだよ」と絶叫する中、逆バンジーがスタート。炎の演出に苦戦したようで、MCの今田耕司「火なんていらないでしょう!怖いとか言いたかったけど『熱い』しか言えないよ」と抗議して、笑いを誘っていた。

 名物企画の「赤坂5丁目ミニマラソン」(1周約950メートルのコースを1人4周=約3600メートル走る)には、今夏の世界陸上10000メートル優勝、5000メートルも2位だったモハメド・ファラーに、『陸王』チームの和田正人(箱根駅伝出場経験あり)と佐野岳(15年秋のミニマラソンで優勝)、前回優勝した森脇健児らが挑戦。盛りだくさんの内容で、5時間半にわたって生放送される。



関連写真

  • バナナマン日村勇紀とオードリー春日俊彰が新企画「天才東大生を倒せ!赤坂5丁目クイズレース」罰ゲームで逆バンジー(C)ORICON NewS inc.
  • TBS系『オールスター感謝祭’17秋』5時間半の生放送(C)TBS
  • 名物企画「赤坂5丁目ミニマラソン」心臓破りの坂 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス