• ホーム
  • 芸能
  • マツコ、3年間の歯列矯正中「意外としゃくれだったみたい」

マツコ、3年間の歯列矯正中「意外としゃくれだったみたい」

 タレントのマツコ・デラックスが、7日放送の日本テレビ系『マツコ会議』(毎週土曜 後11:30)に出演。最新技術で歯を美しくしてくれる高級デンタルクリニックから中継し、「歯が命」のセレブ達が集う最新歯科治療事情を明らかにする今回、マツコ自身も3年間の歯列矯正中であることを告白する。

 オープニングでは「私も今まっただ中ですからね、矯正の。(歯の)裏からやってますよ。3年だ、もう」と歯医者さん通いであるマツコ。「私意外としゃくれだったみたいなのよ」と奥の歯を抜くなどの治療も行ってきたという。

 中継先はまるでホテルのロビーのようにシャンデリアが飾られた待合室や階段を下りると、どの部屋も完全個室の治療室でセレブたちが集まる高級デンタルクリニック。しかし、そのなかでもマツコが食いついたのは治療をしていた院長先生で、ピンクのシャツにパープルのネクタイ、真っ白な歯でニッコリ両手をふる院長先生にマツコは「先生、好きです」と大爆笑する。

 そんな個性あふれる院長先生のもとにやってくるのは、「野球の新庄選手ぐらい歯を真っ白にしたい」というビンテージショップの経営者や、ホワイトニングに100万円をかける銀座のママ、新規ビジネスを手掛け「社長は歯がピカピカ」という持論を唱える男性など歯を美しくすることに並々ならぬ熱意を持つ人々。彼らがどんな治療を受けたのか、その価格を紹介する。



関連写真

  • 10月7日放送の日本テレビ『マツコ会議』で歯列矯正をしていることを告白するマツコ・デラックス (C)日本テレビ
  • 10月7日放送の日本テレビ『マツコ会議』の番組カット (C)日本テレビ

オリコントピックス