• ホーム
  • 芸能
  • 『トットちゃん!』松下奈緒&山本耕史のウエディングシーン公開

『トットちゃん!』松下奈緒&山本耕史のウエディングシーン公開

 テレビ朝日系で2日にスタートした帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(月〜金 後0:30〜0:50※BS朝日で再放送 月〜金 朝7:40〜8:00)の第5話(6日放送)に登場する、主演の松下奈緒演じる門山朝(徹子の母)と、山本耕史演じる黒柳守綱(徹子の父)のウエディングシーンの場面写真が先行公開された。

 同ドラマは、原案として「黒柳徹子」の名が堂々クレジットされ、戦後最大のベストセラーであり、これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋。テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳徹子の怒とうの半生を日々物語っていく。

 第1週目は、ヒロイン・徹子が、この世に誕生する前。昭和4年の暮れ、運命的な出会いを果たした朝と守綱を描いているが、2人の障害となって立ちふさがったのは、朝の父・門山周通(佐藤B作)。周通は、北海道の無医村に医院を開いた志高き医師で、周囲の尊敬を集めているが、女は男に仕えるべきという封建的な考えの持ち主。朝には周通が決めた結婚相手がいたため、頑なに2人の結婚に反対する。

 5日放送の第4話は、周通がアパート「乃木坂上倶楽部」に乗り込み、いきなり守綱に殴りつけたところで幕を閉じたが、第5話でウエディングドレスに身を包んだ朝と守綱の2ショットが見られるということは…。まだ、家長の許しのない結婚は認められていない時代。いったいこの華麗なウエディングシーンは、現実なのか。2人は無事、周囲からの祝福を受けて結婚式を挙げることができるのか。

 第5話は、突然、「乃木坂上倶楽部」に乗り込んできた周通は、守綱を殴りつけ、朝を無理やり連れて帰ろうとする。朝は「どこにも帰らない」と抵抗、伊藤華子(高岡早紀)もあきらめるよう諭すが、周通は聞く耳を持たない。そんな頑なな父に、朝は守綱のバイオリンを聴いてほしいと頼み込む…。



関連写真

  • 帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第5話(10月6日放送)の場面写真が公開。徹子の母・朝と父・守綱のウエディングシーン(C)テレビ朝日
  • 第2週目以降は、どんな愛のドラマが展開していくのか(C)テレビ朝日

オリコントピックス