• ホーム
  • 芸能
  • 高嶋政伸、俳優になるキッカケは多額の借金 父・忠夫が肩代わり

高嶋政伸、俳優になるキッカケは多額の借金 父・忠夫が肩代わり

 俳優の高嶋政伸が、10月7日放送の日本テレビ系『ニノさん』1時間半SP(毎週土曜 前10:00)に出演。MCの二宮和也)とのトークのなかで、そもそも俳優になるつもりがなかったことを告白。不本意ながら始めたこの仕事のキッカケが多額の借金だったことを明かして二宮を驚かせる。

【写真】その他の写真を見る


 高嶋はゲストが過去に行なった恥ずかしい発言・言動・交友関係などを二宮が総点検していく『二宮和也の赤面!自分クイズ』企画に参加。当時、日本を代表する俳優だった父の高島忠夫の次男として育てられた政伸だが、夢は映画監督になることだったそう。

 自分一人でヒット作を生み出そうとして自主制作して完成した映画にかかった編集費用はなんと280万円。しかし、出来上がった映画はあまりにもシュールな内容だったため、売り込みに行った映画館全てに上映を断られるという事態に…。首が回らなくなった高嶋は、忠夫に借金の肩代わりをしてもらえるよう土下座を。その時、息子の俳優としての才能を見抜いていた忠夫は、政伸に「自分の付き人となって俳優の修行をする」ことを条件に、借金を肩代わりしたのだという。

 徐々に俳優業に楽しさを見出すようになった高嶋はすぐに俳優としての頭角を現して、14年続く人気ドラマ『HOTEL』の主演に抜てき。当時のデビュー秘話を放送では詳細に語る。



関連写真

  • 日本テレビ『ニノさんSP 二宮和也の赤面!自分クイズ』ゲスト出演する高嶋政伸 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ『ニノさんSP 二宮和也の赤面!自分クイズ』ゲスト出演する高嶋政伸 (C)日本テレビ

オリコントピックス