• ホーム
  • 芸能
  • 志尊淳、宇宙人役に初挑戦 『世にも奇妙な物語』SP企画・5夜連続帯ドラマに主演

志尊淳、宇宙人役に初挑戦 『世にも奇妙な物語』SP企画・5夜連続帯ドラマに主演

 俳優の志尊淳が9日から13日まで5日間にわたって放送されるフジテレビ系深夜ドラマ『世にも奇妙な物語’17深夜の特別編』に主演することがわかった。14日放送される『’17秋の特別編』に先立って実施されるスペシャル帯企画となっており、今年なにかと話題となったフレーズ“忖度(そんたく)”をテーマしたドラマ『SON-TAKU』で志尊は、地球に潜入した宇宙人トミー・R2Xを演じる。

【写真】その他の写真を見る


 今回、『世にも奇妙な物語』シリーズに初出演、初主演した志尊は「小さい頃から見ているビッグタイトル。初めて出演させていただき、さらに主演として真ん中に立たせていただけると聞いた時は驚きました。こんな機会はなかなかないですし、うれしい気持ちでいっぱいですね」とよろこびを噛みしめる。宇宙人役は初挑戦になるが「ちょっとリアリティーのある宇宙人姿でみなさんの会社にも潜んでいるかも、こういう人いるかもって思われるよう目指してみたので、楽しみにしていただけたら」とよびかけている。

 ちょっと不思議な世界観を描いたオムニバスドラマ『世にも奇妙な物語』シリーズ。このドラマでは、“忖度”という地球人独自の驚くべきコミュニケーション手段について特別に調査を任命された宇宙人トミー・R2Xこと富田圭介(志尊)が、先輩の女子社員・山口未希(山崎紘菜)と共にとある飲料メーカーの創業25周年を記念した新商品の開発会議企画で起こる事件をコメディータッチで描く。志尊は「宇宙人という役柄に対してすごく意識したのは、目線のやり方や無表情の時は無表情でいること。でも心の中では『何言ってんだよおまえら!』 と思っている。そのギャップをうまくバランスよく演じられたら」と意識していたことを明かした。

 意気揚々と新企画のプレゼンをする未希だったが、さまざまな階級の重鎮を前に、さまざまな形の“忖度(そんたく)”が行われ、徐々に窮地に追い込まれていく。未希に対し「特別な感情はない」としつつも、つい特殊宇宙人能力を使ってこっそり未希を救ってしまう富田。しかし、“忖度”だらけの会議で奮闘する未希に芽生えたある感情にふと気付く。そして未希の最大の窮地に際した富田は、自分なりの“忖度”の結果にたどり着く…。

 「劇中にちりばめられたいろいろな設定の中で今年のトレンドである“忖度”が巡っていて、“忖度が日常であり、しがらみを抱えている人”もいれば、“(忖度のおかげで)優越に浸っている人”もいる。さまざまな“忖度”でさまざまな感情が芽生えている人たち。おのおのキャラがたっていて、互いに肯定も否定もしない。ただ宇宙からきた僕がそれを見ている。その中で人間味あふれる、情があるシーンが展開していく。とにかく楽な気持ちで見ていただけたら」と、見どころを語っている。



関連写真

  • フジテレビ系『世にも奇妙な物語'17深夜の特別編』スペシャル帯ドラマ「SON-TAKU」に主演する志尊淳と山崎紘菜 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系『世にも奇妙な物語'17深夜の特別編』スペシャル帯ドラマ「SON-TAKU」に主演する志尊淳 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系『世にも奇妙な物語'17深夜の特別編』スペシャル帯ドラマ「SON-TAKU」に主演する志尊淳と山崎紘菜 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系『世にも奇妙な物語'17深夜の特別編』スペシャル帯ドラマ「SON-TAKU」に主演する志尊淳 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系『世にも奇妙な物語'17深夜の特別編』スペシャル帯ドラマ「SON-TAKU」に主演する志尊淳と山崎紘菜 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系『世にも奇妙な物語'17深夜の特別編』スペシャル帯ドラマ「SON-TAKU」に主演する志尊淳と山崎紘菜 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系『世にも奇妙な物語'17深夜の特別編』スペシャル帯ドラマ「SON-TAKU」に主演する志尊淳 (C)フジテレビ

オリコントピックス