• ホーム
  • 芸能
  • たけし生番組、水道橋博士と太田光が19年ぶり禁断共演「キャスティングで驚いた」

たけし生番組、水道橋博士と太田光が19年ぶり禁断共演「キャスティングで驚いた」

 お笑いタレントのビートたけし(70)がきょう2日から6日までの5日間にわたってテレビ東京の朝を“ジャック”する生番組『おはよう、たけしですみません。』(前7:30〜8:00)がスタート。浅草キッド水道橋博士(55)と爆笑問題太田光(52)が19年ぶりの禁断共演を果たすなど朝から濃厚な生番組となった。

【写真】その他の写真を見る


 放送を終えるとたけしは「なんだかわかんないうちに終わっちゃった。これから問題の核心を突こうと思ったのに」と苦笑い。それでも「レギュラー化だな。朝のワイドショーに殴り込み」と番組の手応えを語り、混戦模様の朝の情報番組界に宣戦布告をした。

 打ち合わせもほとんどなく、ジャズのアドリブのように30分間とめどなくトークを紡いでいった。番組ではスイングしていたが博士と太田は19年ぶりの共演となる。“犬猿の仲”となった因縁は1990年まで遡る。たけしがニッポン放送『ビートたけしのオールナイトニッポン』を休み、爆笑問題が代打を務めた。そこで太田が浅草キッドを挑発し、関係が極めて悪化した。そこから番組共演はほとんどなくなり、99年のフジテレビ系『新春爆笑ヒットパレード』を最後にテレビでの共演はなくなった。

 たけしの希望により、禁断共演が解禁となった。NOとは言えない立場の2人も共演を了承。博士は「キャスティングされたときに驚いたよ。お互いが自分の領域を取り合っている感じですね」と因縁の相手を語った。番組終了後にツイッターを更新して「朝からテレビ東京で殿と太田光と3人で生放送。しかも完全フリートーク。20年に渡る因縁を越え本番前の妄想も消え、空中戦がひたすら楽しかった。明日はボクはお休みだが金曜日まで続く」と充実感をにじませた。一方の太田も「楽しかったですね。あっという間でした」と久しぶりの邂逅を述懐。続けて「楽しかったですよ、すごく」としみじみ話した。

 テレ東とたけしが組んだからこそ実現したキャスティングに博士は「まだ加減がわからに。もうちょっと行くよという空気がある」と4日の第2ラウンドに向けて怪気炎。太田も「こういうときが1番、危ない。たけしさんがいて、博士もいる。2人よりも上を言わないとマズいかなってなる。そういう感じが働くと踏み込んじゃう」と暴走を予告した。

そんな2人の姿にたけしは「興行的には俺が1番、優秀だな。ドン・キングだよ」と黒いうわさの絶えない米国のボクシングプロモーターの名前を引き合いに出して高笑いだった。

 朝の生放送でも大暴走モードだったたけしは「深夜だと思っている」と断言。「早朝って誰が決めたんだ! 上の人が国民を規律正しく働かせて搾取しようとして朝を作ったんだ。起きた時間が朝なんだ」と話し「明日はお酒飲みっ放しで来ようかな」と不敵な笑顔。あす3日はますだおかだ岡田圭右とタッグを組む太田は「ちゃんと来てくださいね! 僕と岡田じゃ無理ですからね」と出演するように、しっかり念押ししていた。



関連写真

  • テレビ東京『おはよう、たけしですみません。』に出演した(左から)水道橋博士、ビートたけし、太田光 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京『おはよう、たけしですみません。』のビジュアル
  • ビートたけし直筆の題字『おはよう、たけしですみません。』
  • テレビ東京『おはよう、たけしですみません。』に出演するビートたけし

オリコントピックス