• ホーム
  • 芸能
  • “KOC準V”結成5ヶ月・にゃんこスターに脚光 南キャン&メイプル級の衝撃か

“KOC準V”結成5ヶ月・にゃんこスターに脚光 南キャン&メイプル級の衝撃か

 コント日本一を決める『キングオブコント2017』の決勝戦が1日、東京・赤坂のTBSで行われ、お笑いコンビ・かまいたちが初優勝。関西の実力派が文句なしで10代目キングに輝く結末となったが、今大会一の衝撃を与えたのは、惜しくも2位となった“結成5ヶ月”の男女コンビ・にゃんこスターだろう。

【写真】その他の写真を見る


 スーパー3助(34)とアンゴラ村長(23)からなるフリーの男女コンビ。今年5月に結成し5ヶ月で決勝進出は大会史上最速。同じく決勝に勝ち進んだパーパーと共に大会初のとなる男女コンビのファイナリストとして、開幕前から話題を呼んでいた。

 肝心のネタは、大塚愛の楽曲に乗せた「リズム縄跳びの発表会」という設定。さらに自己紹介が“オチ”という斬新な構成に、審査員のダウンタウン松本人志さまぁ〜ずバナナマンらは「何だこれ!?」と驚きを隠せない。MCの浜田雅功が「審査員に衝撃が走ってる…」と笑い飛ばし、松本も「いや〜、うっとうしい奴らやな〜。これはちょっとまいったな…」と、採点時に頭を抱えていたのが印象的だった。

 結果的には、1stステージをトップ通過。97点の高得点をつけた松本が「笑いって、どこかで憎たらしさも必要かと思ってて、いい感じで憎たらしかったもんね〜」と、独特の世界観にうなると、さまぁ〜ずの三村マサカズも「家に帰ってもう一回(ネタを)観たい」と、すっかり虜となっていた。

 それと同時にネット上で話題が拡散され、急上昇ワードで「にゃんこスター」が1位を記録。男女コンビとしては、『M-1グランプリ』のファイナリスト・南海キャンディーズ(2004年)、メイプル超合金(15年)レベルの鮮烈な全国区デビューとなっただろう。

 ファイナルステージでかまいたちに逆転優勝を許したが、ダークホースとして大会の歴史に爪痕を残した。一見、不思議ちゃんキャラかと思わせるアンゴラ村長は、早稲田大卒のインテリな一面を持つなど、まだまだ引き出しは多い。一夜にして大ブレークのチャンスをつかんだ2人が本物の“スター”になれるのか…、これからの躍進に注目したい。



関連写真

  • にゃんこスター(左から)スーパー3助、アンゴラ村長 (C)ORICON NewS inc.
  • にゃんこスター (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス