• ホーム
  • 芸能
  • 板尾創路の愛人役に壇蜜&安達祐実 テレ東ドラマ『フリンジマン』

板尾創路の愛人役に壇蜜&安達祐実 テレ東ドラマ『フリンジマン』

 タレントの板尾創路が主演するテレビ東京系土曜ドラマ24『フリンジマン〜愛人の作り方教えます〜』(10月7日スタート、毎週土曜 深0:20)に、壇蜜安達祐実の出演が発表された。2人が演じるのは、板尾が演じる愛人作りのプロ、井伏真澄の愛人。宮部ゆき役の壇蜜は「良い子は真似しないでね」、矢村美紗役の安達も「『セクシーな安達祐実で」と言われていたので、そのあたりはなんとなく頑張りました(笑)」と、妖艶な大人の演技でドラマを盛り上げる。

 同ドラマは、青木U平氏の漫画『フリンジマン』(講談社)が原作。井伏の厳しい指導のもと、数々のミッションを必死に遂行していく男たちをとおして、「愛人の作り方」がわかる、真実の愛とはかけ離れた前代未聞の不謹慎ラブストーリー。果たして彼らは、愛人を作ることができるのか? くだらないことに情熱を捧げる男たちのコミカルさ、「普通の恋愛」とは異なるさまざまな驚きのテクニック、そして愛人作りを通して結ばれる男たちの熱い絆のドラマを、笑いあり、エロあり、涙ありで紡いでいく。

 出演はほかに、大東駿介淵上泰史森田甘路東幹久村松利史、(ゲストとして、 筧美和子佐津川愛美岸明日香小倉優香MEGUMI板野友美(話数順)が発表されている。

■壇蜜のコメント
 このご時世だから、不倫を妄想する人が多い。それを俳優さんが演じて見て楽しむというのは、自分はできないけど疑似体験しているつもりになるので、ありだと思うんですよ。今も昔もやっぱりこの国でそういうことをするのはダメですから、できる世界というのは確立されたドラマの世界でいい気がしますね。愛人役ということで、妄想の中のお手伝いをする人っていうことだから、そういう雰囲気が自分にあるとしたら光栄ですし、そこは自分で重く考えすぎずにちゃんと向き合った方がいいなと思いました。良い子は真似しないでね。

■安達祐実のコメント
 台本を読んで、すごい面白いな〜と思っていました。私はこういう役をやらせてもらう機会があまりないので撮影は楽しくやらせていただきました。やりすぎないようフラットな感じでと(監督に)言われていたので、それを意識しました。この役はナチュラルにやるのは無理な設定だと思うんですけど(笑)、なるべくこういう人もいるのかなと見えるようにやろうと思いました。「セクシーな安達祐実で」って言われていたので、そのあたりはなんとなく頑張りました(笑)。



オリコントピックス