• ホーム
  • 芸能
  • 山田孝之、“テレビ東京の深夜”に生放送 番組内容変更の怪

山田孝之、“テレビ東京の深夜”に生放送 番組内容変更の怪

 俳優の山田孝之が“テレビ東京の深夜”でまた、何か企んでいるようだ。10月6日の金曜深夜0時12分から(ドラマ24枠、テレビ大阪は除く)、『山田孝之の演技入門』と題した番組を生放送する予定になっていたのだが(公式ホームページやツイッター、一部テレビ誌の番組表にも記載)、その「番組内容変更のお知らせ」が29日、テレビ東京から届き、『緊急生放送! 山田孝之の元気を送るテレビ』にタイトルと内容が急きょ変更されることになった。

 先に予定されていた『山田孝之の演技入門』は、今月15日に公式ホームページとツイッターが立ち上がり、「人はみな、演技をしながら生きている “本気の俳優”山田孝之が、これまで語られることのなかった“山田流演技のメソッド”を大公開。いい演技とはなにか? うまい俳優とはなにか? 役づくりの基本から、俳優のあり方まで説く、『究極の演技教室』開講です。演技に携わるすべての人と、携わっていないすべての人に送ります」と、告知。

 なんとも面白そうな文言が記されていたのだが、どのような内容に変更され、それはいかなる理由によるものなのか。同局の藤野慎也プロデューサーは次のようにコメントしている。

 「まずは『山田孝之の演技入門』の放送を楽しみにしていた視聴者の皆さまに、番組内容が変更になりましたことを心よりお詫び申し上げます。いとうせいこう氏から番組内容変更の相談を受け、取材映像に映し出されていたのは、山田孝之氏に関わる摩訶不思議な現象、さらにその原因は私の想像をはるかに超えるものでした。“とにかくこの映像を視聴者の皆さまに届けたい”という思いから、テレビ東京内で協議を重ね、番組内容変更に至りました。またスタジオでの山田氏による壮大な実験は、いとう氏とともにテレビ東京のスタッフが総力を結集して行います。奇跡の瞬間をぜひリアルタイムで目撃してください!」。

 もともと司会者として出演予定だったいとうが、水面下で進めていた取材により、「山田の周辺で科学的に説明できない不思議な現象が次々と起きていることが明らかになった」と、いうことらしい。うさん臭さ120%増しとなった番組では、いとうが旗振り役となり、取材を通して不思議な現象を解明し、山田自らが生放送のスタジオで前代未聞の壮大な実験を行う。『山田孝之の演技入門』のゲストとして名前が挙がっていた小池栄子松岡茉優紀里谷和明監督は変更なく出演する。

 山田とテレビ東京といえば、これまでにも『山田孝之の東京都北区赤羽』(2014年)や『山田孝之のカンヌ映画祭』(17年)などで視聴者の斜め上を行く番組を生み出してきたが、『山田孝之の演技入門』改め、『山田孝之の元気を送るテレビ』では一体何をするつもりなのか、生放送のスタジオで何か起きるのか…? 番組を観るしかないようだ。テレビ大阪のみ10月8日(深1:35〜)に放送(※生放送ではありません)。

■番組ホームページ
http://www.tv-tokyo.co.jp/yamadatakayuki/
■公式ツイッター
@tv-tokyo_yamada
ハッシュタグ#山田孝之



オリコントピックス