• ホーム
  • 音楽
  • けやき坂46、初主演ドラマ主題歌も担当「それでも歩いてる」 新ビジュアル解禁

けやき坂46、初主演ドラマ主題歌も担当「それでも歩いてる」 新ビジュアル解禁

 アイドルグループ・けやき坂46(通称・ひらがなけやき)が初主演するテレビ東京の連続ドラマ『Re:Mind(リ・マインド)』(毎週木曜 深1:00〜1:30 10月19日スタート)の主題歌として、けやき坂46の新曲「それでも歩いてる」が起用されたことが明らかになった。あわせてドラマの新ビジュアルも公開された。

 当初、欅坂46を兼任していた長濱ねるを含め、けやき坂46の12人全員が主演するとしていたが、25日に長濱が欅坂46専任となり、ドラマ出演を見送ることが発表されたばかり。空席となった1枠を、先月けやき坂46に加入したばかりの追加メンバー9人の中から選ぶオーディションが急きょ行われたことも明らかになっている。

 新体制で初主演ドラマに挑むけやき坂46が歌う主題歌「それでも歩いてる」は、欅坂46の5thシングル「風に吹かれても」(10月25日発売)に収録される。

 テレビ東京と動画配信サービス・Netflixのタッグで制作される同ドラマは、秋元康プロデューサーの企画・原案のもと、密室、拘束、失踪など次々と恐怖に襲われる女子高生たちの姿を描いた密室サスペンス。テレビ東京で10月19日から放送開始されるほか、10月24日からBSジャパン(毎週火曜 後11:00〜11:30)でも放送。10月13日からはNetflix先行配信(毎週金曜予定)も行われる。



オリコントピックス