• ホーム
  • 芸能
  • 沢口靖子、牛の枝肉のように吊るされて… 衝撃的なワンカット公開

沢口靖子、牛の枝肉のように吊るされて… 衝撃的なワンカット公開

 第17シーズンを迎える沢口靖子主演のテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(10月19日スタート、毎週木曜 後8:00〜8:54)で、前シーズンでも好評だった「衝撃的なマリコのワンカット」が継続される。沢口演じる榊マリコが、法医研究員らしからぬ姿で登場し、本編に関係ないように見えて、関係がある奥の深いワンカット。第1話の放送に先駆けて公開された写真は、肉のように吊り下げられたマリコの姿だった。

 マリコが吊るされているのは、肉の熟成庫。その表情は真剣そのもので、窮地に追い込まれているようには思えないが、マリコに何があったのか。

 第1話は、男性の遺体が肉の熟成庫で発見されるところから始まり、被害者は枝肉同様に吊るされた状態で発見される。それを見たマリコは、衝撃的な一言を放って、牛の枝肉のごとく吊るされる。

 「ストーリーに沿っているのであれば、あらゆる衝撃的なシーンにチャレンジしたい」とコメントしていた沢口。両腕の自由なく吊るされるのはもちろん初めて。「吊られただけなら問題なかったのですが、吊られながら体を動かすなどの全身の表現がなかなか難しく、ロープに縛られ、擦れた腕の部分は真っ赤になりました。慣れない体勢で全身の筋肉を使ったせいか、翌日は体のあちこちが筋肉痛でぐったりしてしまいました(笑)」と、話していた。



オリコントピックス