• ホーム
  • 音楽
  • ユーミン、自身“最長最多”ツアー80本完遂「為せば成る」

ユーミン、自身“最長最多”ツアー80本完遂「為せば成る」

 シンガー・ソングライターの松任谷由実が22日、東京・国際フォーラム ホールAで全国ツアー『松任谷由実 CONCERT TOUR 宇宙図書館2016-2017』のファイナルを迎えた。自身最長(10ヶ月)かつ最多本数(80公演)のツアーを完遂したユーミンは「為せば成る!!」と達成感をにじませた。

【写真】その他の写真を見る


 昨年11月18日に神奈川・よこすか芸術劇場を皮切りにスタートした10ヶ月に及ぶツアーは、実に42都市80公演で18万8000人を動員。荒井由実時代からの通算観客動員数を805万人とした。

 ツアースタート時には「1ステージ、1ステージ、魂をこめて、何があってもくじけない、強い希望の光をみんなに送りたい。これが最後のロングツアーになったとしても悔いのない、最高のツアーにしたい」と宣言していたが、実は「乗り越えられるとは思っていなかった」と本音も。それでも、デビュー45周年、63歳にして自身最長かつ最多本数のツアーをやり遂げた。

 本ツアーは、ユーミンが案内人となり、観客を“宇宙図書館”という異次元への旅へと誘うコンセプトで展開した。本編では38枚目のオリジナルアルバム『宇宙図書館』(昨年11月発売)から8曲、大ヒット曲「ひこうき雲」「ルージュの伝言」「リフレインが叫んでる」「真夏の夜の夢」など新旧楽曲を織りまぜて全20曲を披露。時代や世界を超越した衣装、ライゾマティクス制作の映像、ダンサーのパフォーマンスなど、さまざまな演出によって楽曲の世界観と感動を広げた。

 アンコールでは、「14番目の月」「守ってあげたい」「春よ、来い」「DESTINY」など代表曲でつないだ10分以上に及ぶメドレーを披露。ステージにスタッフを招き入れると「80本、約1年のコンサートツアー。リハーサル、準備まで入れると2年近く。ともに戦い続けた仲間たちです」と紹介。「戦う相手は自分たち自身でした。モチベーションをこれだけ長い間、保ち続けるのは誰もが大変だったんです。小さな失敗、大きな失敗、思い出せばいろいろありました。でも、こうやって最終日をみんなで迎えると、全部がいい思い出です」と感極まって涙ぐみ、鳴り止まない喝采に応えてラストナンバーは「卒業写真」で締めくくった。

 鉄人ユーミンは次なるステージも決定しており、11月27日に東京・帝国劇場で開幕する舞台『ユーミン×帝劇 Vol.3「朝陽の中で微笑んで」』(全26公演)に挑む。

■『松任谷由実コンサートツアー 宇宙図書館 2016-2017』最終公演
01. 宇宙図書館  
02. あなたに会う旅
03. 影になって
04. AVALON
05. BABYLON
06. 夢の中で〜We are not alone forever
07. ひこうき雲
08. Midnight Scarecrow
09. リフレインが叫んでる
10. 月までひとっ飛び
11. ルージュの伝言
12. 何もきかないで
13. Smile for me
14. 残火
15. 満月のフォーチュン
16. 破れた恋の治し方教えます
17. 真夏の夜の夢
18. ダンスのように抱き寄せたい
19. 気づかず過ぎた初恋
20. GREY
【アンコール】
21. 星になったふたり
22. メドレー
23. 青いエアメイル
24. 卒業写真



関連写真

  • 全24曲を熱唱したユーミン(9月22日=東京・国際フォーラム ホールA)
  • 松任谷由実が10ヶ月におよぶ80本ツアーを完遂
  • さまざまな演出でも魅了した(9月22日=東京・国際フォーラム ホールA)
  • 松任谷由実が10ヶ月におよぶ80本ツアーを完遂(9月22日=東京・国際フォーラム ホールA)
  • 松任谷由実が10ヶ月におよぶ80本ツアーを完遂(9月22日=東京・国際フォーラム ホールA)

オリコントピックス