• ホーム
  • 芸能
  • TDL「イッツ・ア・スモールワールド」来年4・15リニューアル 映画キャラ40体加入

TDL「イッツ・ア・スモールワールド」来年4・15リニューアル 映画キャラ40体加入

 東京ディズニーリゾートは21日、開園35周年を迎える2018年度の年間プログラムを発表し、今年3月からクローズされていた「イッツ・ア・スモールワールド」が来年4月15日からリニューアルして開始することが明らかになった。

 同アトラクションは1983年の開園当初から人気で、ゲストはボートに乗り、世界各国の子どもたちや動物に迎えられながら、“世界で一番幸せな船旅”を体験できる。リニューアル後は、映画の名シーンを彷彿させる音楽が「小さな世界」の曲に織り込まれる。

 また、『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフのほか、『ふしぎの国のアリス』『シンデレラ』『ピーターパン』『塔の上のラプンツェル』『ムーラン』『アラジン』『ライオン・キング』といった、世代を超えて愛されるディズニー映画のキャラクターが約40体加わることで、それぞれのシーンをより華やかに彩る。

 なお、リニューアルに伴い「イッツ・ア・スモールワールド」にファストパスが導入されることも決定した。

 TDLの35周年のテーマは“Happiest Celebration”。4月15日から、東京ディズニーランドでは昼の新パレード「ドリーミング・アップ!」、東京ディズニシーでは水上グリーティング(名称未定)が始まるほか、年間を通してさまざまなショーやイベントを繰り広げる。



関連写真

  • 「イッツ・ア・スモールワールド」にキャラクター約40体が新たに登場 (C)Disne/Pixar
  • 東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」(C)Disne/Pixar

オリコントピックス