• ホーム
  • 音楽
  • ディーン・フジオカ、初のTVドラマ主題歌を書き下ろし「ウィンターロマンスを感じて」

ディーン・フジオカ、初のTVドラマ主題歌を書き下ろし「ウィンターロマンスを感じて」

 俳優で歌手のディーン・フジオカ(歌手名義:DEAN FUJIOKA)が主演する10月15日スタートの日本テレビ系ドラマ『今からあなたを脅迫します』(毎週日曜 後10:30)の主題歌を担当することが20日、わかった。ディーンにとって初のテレビドラマ主題歌の書き下ろしとなる。

 1日にEXILE TAKAHIROとの結婚と妊娠3ヶ月であることを発表した女優・武井咲と共演することでも話題となった同ドラマに、また一つ大きな話題が加わった。ディーンにとって初のテレビドラマの主題歌書き下ろしとなる「Let it snow!」は、フューチャーベースのニュアンスとタイムレス感が絶妙なバランスで融合された楽曲。過去の記憶をたどるようなフックの歌詞やMIDIコントローラーで構築されたSAXフレーズなどが印象的な冬を彩るウィンターソングとなっている。

 ディーンは「日本の真冬の景色をイメージして書きました」と作曲について語り「日本国内外を問わず、リスナーの皆様にジャパニーズウィンターロマンスを感じてもらえたら嬉しいです」とコメント。ディーンは日本で本格的に音楽活動をスタートさせ、7月にリリースした1st. EP「Permanent Vacation / Unchained Melody」では、オリコンシングルランキング初登場7位を記録している。

<ディーンコメント>
 新曲「Let it snow!」は日本の冬をイメージして作った楽曲です。日本テレビ新ドラマ『今からあなたを脅迫します』の中で描かれている物語と呼応しながら、ストーリーの時間軸の存在を強調することで、ドラマの世界観が更に立体的に感じられれば、という思いを込めて作曲を始めました。

 作詞は“雪の思い出と現在”をテーマに、別の長編映画撮影で滞在していた赤道周辺のサバン島にて、日々インド洋に浸かりながら日本の真冬の景色をイメージして書きました。編曲に関してはフューチャーベースの要素を取り入れながらも、日本の1980年代の歌謡曲を彷彿させるような懐かしい音色を混ぜ、タイムレスな演出になっています。

 この曲を通して、日本国内外を問わず、リスナーの皆様にジャパニーズウィンターロマンスを感じてもらえたら嬉しいです。そして毎年冬になったら街中でかかるウインターソングに育っていくことを願っています。

 個人的には、早くこの曲をスキー場のゲレンデで大音量で聴きたいですw

Dean F.

<プロデューサー 松本京子コメント>
 ディーンさんからは「ただの主題歌ではなく、しっかりとドラマの世界観によりそった楽曲を作りたい!」というご提案をいただきました。

 そこで事前に、ドラマ「今からあなたを脅迫します」の目指している世界感・ドラマでは描かれない裏側・最終回までの構想などを、何時間もかけてスタッフと熱く話しあったうえでディーンさんが作りだされた曲が、この「Let it snow!」です!

 この曲を初めて聞かせて頂いた時、ディーンさんが演じる「脅迫屋・千川完二」が日ごろ見せない心の裏側を、主題歌の中だけではこっそり明かしているような「切ない気持ち」になりました。視聴者の皆様にとっても、この曲を初めて聞いたとき、ドラマのストーリーの中盤で聞いたとき、後半で聞いたとき…、それぞれ聞くタイミングで歌詞が「違う意味」を持って感じられると思います。



オリコントピックス