• ホーム
  • 芸能
  • “茨城”出身・白石美帆、『ひよっこ』有村からの方言伝授に混乱

“茨城”出身・白石美帆、『ひよっこ』有村からの方言伝授に混乱

 女優の白石美帆が東京・茨城県アンテナショップ『茨城マルシェ』で行われた「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア』」キックオフイベントに出席した。茨城県を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』に出演する白石は同県常陸大宮市出身でありながら、赤坂生まれ赤坂育ちのバー月時計の店主・竹内邦子を演じており「誰よりもネイテイブな人間が東京者ですと言っている感じがくすぐったかった」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 なかでも印象深いエピソードとして白石は有村架純演じる主人公・みね子が茨城から上京した際に、邦子がみね子に「茨城の方言を教えて」と頼むシーンを挙げ「やっぱり架純ちゃんが『白石さんの前で茨城県を話すのはしのびない』って」と述懐。「みね子ちゃんに教わって繰り返すのは上手くいってもいけないし、自分のなかで脳内パニックが起きまして…。『よく来たね〜』っていう言葉なんですけどあえて東京人の振りをするのが難しかったです」と混乱したことを明かした。

 この日は『ひよっこ』で主人公・みね子(有村架純)の幼なじみ・三男(泉澤祐希)の母・きよを演じる柴田理恵も登場。まもなくフィナーレを迎える『ひよっこ』だが「寂しいですね」と名残惜しい気持ちを吐露。撮影秘話を聞かれると「私は奥茨城母の会で3人(柴田、木村佳乃、羽田美智子)会うとずっと話をしていて、ず〜っとしゃべってて。佳乃ちゃんもみっちゃんも私も仲良しになっちゃって終わる気がしないんです」としみじみ。

 白石も「和気あいあいと現場の雰囲気、スタッフさんの作品への愛情、小物ひとつとっても時代を表すものだったり、愛にあふれる現場だった」と感慨深げ。柴田は苦労したという茨城弁にも「こんなにあったかくて、かわいらしくて明るい言葉だと思わなかった」と褒めると、白石は「そんなことを聴いたら、茨城県民は涙を流してうれしいと思います」とよろこんでいた。

 イベントではいばらき大使も務める白石と柴田が新メニューを試食。思わず「うまかっぺ〜」と声をあげて、故郷の味を堪能していた。



関連写真

  • 『ひよっこ』でも茨城弁エピソードを語った白石美帆 (C)ORICON NewS inc.
  • 「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア』」キックオフイベントに出席した柴田理恵 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)柴田理恵、白石美帆 (C)ORICON NewS inc.
  • 「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア』」キックオフイベントに出席した(左から)柴田理恵、白石美帆 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス