• ホーム
  • 芸能
  • 飯豊まりえ、初の刑事役 シャツの着こなしに苦戦?「ブルゾンちえみさんのようには…」

飯豊まりえ、初の刑事役 シャツの着こなしに苦戦?「ブルゾンちえみさんのようには…」

 モデルで女優の飯豊まりえが、WOWOW『連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』(11月5日スタート、毎週日曜 後10:00、全8話※第1話無料放送)で、初の刑事役にチャレンジする。衣装合わせでは「シャツの襟を立てて、ボタンをあけて、という“ブルゾンちえみ”さんのような大人の女性スタイルには慣れそうになくて(苦笑)。高校でも第一ボタンまでしっかり閉めていたので、『ボタンをひとつしめさせてください』ってお願いしちゃいました(笑)」と明かす飯豊。また新しい一面を見せてくれそうだ。

 作家の清武英利氏が、2001年に発覚し、政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」を追った書きおろしノンフィクションが原作。国家の聖域・外務省の「機密費」に切り込んでいく警視庁捜査二課に属する“石つぶて”たちが、組織に抗いながらも掘り起こした事件の真相、“三悪人”と呼ばれた外務省役人たちが起こした衝撃的な悪事を描いていく。

 飯豊が演じるのは、所轄署から捜査二課に抜てきされた駆け出しの巡査長・矢倉かすみ。前代未聞の外務省金融事件の摘発に一所懸命取り組み、なかなか認めてもらえないながらも奮闘する。そのひたむきさで武骨な刑事・木崎(佐藤浩市)の懐へと入り込む役どころだ。

 2008年モデルデビューした飯豊は、現在『セブンティーン』専属モデルとしても活躍、同世代の女性から絶大な人気を集めている。12年からは、ドラマや映画にも出演するようになり、今年に入り『暗黒少女』で映画初主演、『マジで航海してます』で連続ドラマ初主演など、映画・ドラマに合計11本出演し、人気を博している。さらに『にじいろジーン』(関西テレビ・フジテレビ系)でMCを務めるなど活躍の場を広げている注目株だ。

 飯豊は「私が生まれたのが1998年。その翌年にこの事件が起きていたというのがとても衝撃的で…。私と同世代の皆さんはこの事実を知らない人が多いと思います。佐藤さん、江口(洋介)さんと同様に『この話をひとりでも多くの皆さんに知ってもらいたい!』という気持ちでドラマを撮影していますので、ぜひ最後まで“事件の真相”をお見逃しなく」と話している。



関連写真

  • WOWOW『連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』(11月5日スタート)に飯豊まりえが刑事役で出演決定(C)WOWOW
  • シャツのボタンをもっとあける予定だった?(C)WOWOW
  • 新人刑事役をフレッシュに演じる!

オリコントピックス