• ホーム
  • 芸能
  • ジョージ秋山氏『浮浪雲』44年の連載が完結

ジョージ秋山氏『浮浪雲』44年の連載が完結

 きょう20日に発売される漫画誌『ビッグコミックオリジナル』19号(小学館)の巻頭カラーで、同誌の看板作品のひとつであるジョージ秋山氏の『浮浪雲(はぐれぐも)』の最終回が掲載され、約44年にわたった連載に幕を引く。

 編集部より「連載完結にあたり、ジョージ秋山氏がコメントすることはありません。44年間、1000回を越える連載、どの一話もいつもの一話で、どの一話も特別な一話。これが最後の一話です。皆さん、見届けてください」とのコメントも発表された。

 秋山氏が描く『浮浪雲』は、1973年12月5日発売の同誌で連載を開始。舞台は幕末の東海道・品川宿。物事に執着せず、ふわりと生きる問屋場の頭、浮浪雲を主人公に、男女の機微や市井の人々の喜怒哀楽を描いた時代劇漫画。渡哲也主演とビートたけし主演で、2度テレビドラマ化されたこともある。

 子どもの教育や夫婦間の問題、はたまた女性のくどき方まで、悩める現代人にもヒントを与えてくれる内容で、多くの支持を集めた。19号には、連載完結記念特別企画として「ジョージの“ことば”」も掲載。44年間に、編集者に、世間に、人間どもに、天才ジョージ秋山が投げつけた無数の“ことば”、その一部を紹介する。

 なお、10月5日発売の次号20号の巻頭カラーは、井浦秀夫氏の『刑事ゆがみ』。浅野忠信神木隆之介らの出演で連続ドラマ化され、フジテレビ系で10月12日より放送開始される(毎週木曜 後10:00)。「ドラマ化記念企画」として原作の井浦氏と、ドラマ演出の西谷弘氏(『ガリレオ』『容疑者Xの献身』『昼顔』など)の対談も掲載される。次々号21号(10月20日発売)では、浦沢直樹氏の新連載がスタートする。



関連写真

  • ジョージ秋山氏の『浮浪雲』44年の連載が完結
  • 『ビッグコミックオリジナル』2017年19号(9月20日発売)

オリコントピックス