• ホーム
  • 芸能
  • 『アンビリバボー』放送20周年800回にたけし自慢げ「俺の番組全部長いよ!」

『アンビリバボー』放送20周年800回にたけし自慢げ「俺の番組全部長いよ!」

 タレントのビートたけしが、ストーリーテラーを担当し、剛力彩芽がスタジオMCを務めるフジテレビ系『奇跡体験! アンビリバボ−』が28日の放送で20周年800回を迎えることから「アンビリバボーな“その後”を徹底追跡SP」(後7:00〜後9:00)を送る。希望あふれる奇跡の話、科学では解明できない超常現象、思わずぞっとする怪奇現象から衝撃映像など世界中の信じられないよう出来事を紹介する同番組で、過去のエピソードから厳選した人たちのその後に迫る。

【写真】その他の写真を見る


 長年愛されてきた番組への想いを聞かれたたけしは「おれは、失礼な話、あまり仕事だと思ってないし、サメみたいに泳いでいないと死んじゃうみたいなところあるから」とコメント。この20年間を振り返って「20年前は(ベネチア国際映画祭で)『HANA-BI』で賞とって、『座頭市』でとって、今度はクロージングの映画で。俺終わっちゃうじゃないかっていったんだけど、いや、名誉なことだからって。そう考えるとずいぶん早いようで、長いような。わからないね。ベネチアで勝ったなんて、ついこの間のように感じているからね」と時の流れの速さを実感。

 一方で番組長寿の秘訣には「それは、スタジオ展開と選ぶ素材がいいんだろうね。どんな話題にも通ずるものってあるよね。どんな事件でも、最終的に大どんでん返し。驚愕の真実が明らかになりました!って」と分析。「長続きしているのは悪いことはない。意外に老舗だと思ってくれればいい。老舗のあの番組はなくなるとさみしいねって。20年続けば、こっちのものだよね。俺の番組全部長いよ!」と自慢げに明かした。

 今回登場するのは「人類ただ1人の奇跡!20年間絶対に眠らない男」11年前放送のその後、「人体の神秘 どうしてもしゃっくりがとまらない男」16年前放送のその後、「まさに神わざ!世界一のギネス男」13年前放送のその後など。

 またMC就任から5年目を迎える剛力は「当時19歳で、初MC挑戦でした! 番組も5歳から見ていたので、『どうしよー!あのアンビリ?』とビックリしたことを、今でも覚えています。少し大人っぽく見せようと、話し方も背伸びした大人の雰囲気を出そうと努力していました。MCを5年経験して、良いチーム関係が築けていると思います。困ったら、設楽さんを見ようと!面白い映像の時は、日村さんを見ようと!(笑)」とすっかり慣れてきた様子。

 今回、剛力はスタジオを飛び出してイギリスに初取材を敢行。今年放送した『80歳の新人歌手』として、アルツハイマー型認知症を患い、息子のことを忘れてしまった男性の日ソードを紹介。「そんな状況下で、父親が好きだった歌を一緒に歌うことで家族が笑顔を取り戻していくVTRだったんですが、その父親を支えた息子さんが、顔も性格も全てが私の好みのタイプで! すごく印象深く残っていて。 息子さんに会いたいという、少し横しまな気持ちもあるんですが、でも、是非、お父さんの歌をライブで聞いてみたい! 息子さんにも、子供として、父親がその病気に直面した時の気持ちを聞きたいと思って」とはるばる海を超えた。

 「実際に会ってみたら、とてもかっこよかったです!(笑)ご家族を大切にされているところも素敵だなと思いました。お父さんの昔話を、奥さんと、息子さんが聞いてる雰囲気がとてもよかったです」としみじみ。「お父さんが実際に歌ってくれたので、楽しみにしてほしいです! あとは・・・、私が人に憧れて会いに行くことはなかったので、照れてる私も注目でしょうか(笑)あんなに照れてることってないので・・・」とみどころを語っていた。



関連写真

  • 28日放送「『奇跡体験! アンビリバボー』放送20周年 800回記念! 2時間SP!」よりビートたけし (C)フジテレビ
  • 28日放送「『奇跡体験! アンビリバボー』放送20周年 800回記念! 2時間SP!」より剛力彩芽の取材の模様(C)フジテレビ
  • 28日放送「『奇跡体験! アンビリバボー』放送20周年 800回記念! 2時間SP!」より剛力彩芽の取材の模様(C)フジテレビ
  • 28日放送「『奇跡体験! アンビリバボー』放送20周年 800回記念! 2時間SP!」より剛力彩芽の取材の模様(C)フジテレビ

オリコントピックス