• ホーム
  • 芸能
  • 長澤まさみ、不機嫌オーラの理由を釈明「感情の表現が苦手なんです…」

長澤まさみ、不機嫌オーラの理由を釈明「感情の表現が苦手なんです…」

 女優の長澤まさみ黒沢清監督が15日、都内で行われた映画『散歩する侵略者』スペシャルトークイベントに出席。長澤は、黒沢組への参加を前に共演者の松田龍平から「黒沢監督は一発本番らしいよ」とのアドバイスをもらっていたと明かし「本当に油断していたらドンドン進んでいく感じだったので、龍平くんから事前に聞いておいて良かったです」と笑顔を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 一方の黒沢監督は「(長澤は)とにかく、お芝居が上手い方でした。ただ、衣装合わせの時とかに話をすると『あっ、はい…』みたいな感じの反応だったので、最初は嫌がられているのかなと思っていたんですけど、接していくうちにこの捉えきれなさが個性なんだなって思いました」とにっこり。「お芝居に入ると、自分のやるべきことを瞬時に理解して、あっという間にすばらしい演技に到達する感じでしたね」と絶賛した。

 当の長澤は“不機嫌オーラ”の理由について「本当に嫌がっていないんです。よく昔から『やる気なさそう』とか『怒っているの?』って聞かれることがあるんですけど、自分のその時の感情を表現するのが苦手なんです」と申し訳なさそうに釈明。「自分が出られて良かったなと思うような作品に、今の自分の年齢で出会うことができてよかったです。ぜひ、長くこの映画を愛してください」と言葉に力を込めていた。

 同作は『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門の監督賞を受賞した黒沢監督が、劇作家の前川知大氏が率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日間におよぶ行方不明の後、夫が侵略者に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイデアをもとに、サスペンス、アクション、コメディー、ラブストーリーとさまざまなジャンルの要素が詰め込まれている。

 トークイベントにはそのほか、映画評論家の松崎健夫氏、樋口尚文氏も出席した。



関連写真

  • 長澤まさみ (C)ORICON NewS inc.
  • 長澤まさみ (C)ORICON NewS inc.
  • 黒沢清監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス